「スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズ」
Image by: OMEGA

Fashion

オメガの東京オリンピックモデル、各2,020本を国内限定で発売

「スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズ」
「スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズ」
Image by: OMEGA

 2020年東京オリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務める「オメガ(OMEGA)」が、「スピードマスター プロフェッショナル
東京 2020 リミテッド エディションズ」5種を発売した。日本国内限定で、各2,020本取り揃える。

 

 7月24日の今日が、オリンピックまであと2年であることを祝し同モデルを発売。「ムーンウォッチ」として知られる「スピードマスター プロフェッショナル」をベースに、ケースはステンレススティールのものが3種(各63万円)、ステンレススティールとゴールドを使ったモデルが2種(各78万円)展開される。アルミニウム製のベゼルリングにはオリンピックカラーをイメージしたブルー、ブラック、グリーン、レッドをそれぞれ採用した。ケースバックにはオメガロゴに加え、限定番号や東京2020オリンピックのエンブレムを刻印。また、5モデルとそれぞれに付け替え用のアリゲーターストラップが付属するセット(405万円/税別)が、55個限定で販売されている。

 発表会には限定モデルを着けた元競泳選手の松田丈志、レスリングの登坂絵莉、サッカーの小川航基、スポーツクライミングの楢﨑智亜、ラグビーの松島幸太朗の5人のアスリートが登場。レッドベゼルにシルバーダイアルのモデルを着けた登坂は「このモデルは日本の国旗の色をイメージさせるので、重みを感じると同時に大きなモチベーションにもなる。あと2年間、できることをすべて行い、必ず出場して2大会連続で金メダルを獲得したい」と抱負を語った。

■問い合わせ先
オメガお客様センター:03−5952−4400

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング