「Jamie エーエヌケー」メインヴィジュアル 画像:ジャパンイマジネーション
「Jamie エーエヌケー」メインヴィジュアル

Fashion

ジャパンイマジネーション、"SNS映え"を意識した新ブランド発表

「Jamie エーエヌケー」メインヴィジュアル 画像:ジャパンイマジネーション
「Jamie エーエヌケー」メインヴィジュアル

 「セシルマクビー(CECIL McBEE)」などを展開するジャパンイマジネーションから、新ブランド「ジェイミー エーエヌケー(Jamie エーエヌケー)」がデビューする。9月1日から自社通販サイト「Ailand」で取り扱いを開始する。

 

 ジェイミー エーエヌケーは「ファッションってもっともっと自由でもっともっと楽しむもの!好きなことをもっと自由に!」をコンセプトに掲げるブランドで、アイテムを通してリアルとバーチャルが融合した"いい意味の違和感"を表現。「Street Dark Fantasy」をテーマに、ストリートやガーリー、ジャパニーズカルチャーの要素を落とし込んだアイテムが展開される。

 メインターゲットはSNSで自分らしさを発信する10代から20代前半で、写真や動画を撮影した際に可愛らしく映ることを意識したデザインに仕上げているという。デビューコレクションはフーディやジャケット、ワンピースなどのウェア30型、小物類15型の計45型を展開。ペアルックで着ることができるよう、ユニセックスで使えるサイズ感やデザインを採用した。価格帯はトップスが3,900円〜6,900円、ボトムスが5,900円〜9,800円。アイテムはECをメインに展開し、自社サイトのほか「モバコレ」や「ファッションウォーカー」などへの出店が決定している。このほか、インタラクティブ動画サービス「TIG」を導入。アイドルグループ「じゅじゅ」がモデルを務めるコレクション動画を鑑賞時に、着用アイテムをドラッグすると「Ailand」に遷移し購入手続きを行うことができる。

 ジャパンイマジネーションは8月10日の今日、報道関係者や抽選に当選した顧客をしたブランドのデビューイベントを開催。会場ではアイテムの展示をはじめ、フォトスポットの設置、「じゅじゅ」やYouTberのうみくんらをゲストに迎えたライブなどが行われた。広報担当者は今後の展開について「SNSやYouTuberに関心のある世代の方に合うような実験的な取り組みをしていきたい」とコメントし、SNSを活用したデジタルネイティブ世代への認知度拡大を図る。

 ブランドのデビューに際し、9月5日から開催されるラフォーレ原宿を皮切りに各地にポップアップストアをオープン。実店舗の出店を検討しているといい、初年度の目標売上高は5億円を掲げる。

■ポップアップストア
9月5日(水)〜9月12日(水)
ラフォーレ原宿 1階

9月22日(土)〜10月8日(月)
池袋パルコ P'PARCO 1階

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング