senken plus

ピアス用シリコーンキャッチが大ヒット

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 

ジュエリーパーツメーカー大手の光・彩で、ピアス用のシリコーンキャッチが売れている。4年間で約200万ペアの販売実績を達成した。5月には新作としてより小さなドーム型シリコーンキャッチを発売した。

シリコーンキャッチは、金属キャッチをシリコーンカバーで覆うことで、つまみやすく、金属アレルギーのリスクも大幅に低減することができる。シリコーンと地金で一体となってポストをロックする「ダブルロック」機能により、落ちにくさも実現。「耐久テストでは、ダブルロックの効果により1000回目でも他社製品の約2倍の引き抜き力(保持力)をキープした」という。レンズ効果によりキャッチに刻印された品位が良く見えるため、管理もしやすい。こうした機能が支持され、販売個数を伸ばしてきた。

新作のドーム型シリコーンキャッチは、従来の機能はそのままに、小さくてもつまみやすく、表裏が分かりやすい美しいフォルムとなっている。

従来のシリコーンキャッチ(左)と新作のドーム型(中央)

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング