Fashion

「マルベリー」見てすぐ買えるショーを韓国で開催、BLACKPINKやAMIAYAが来場

 英ブランド「マルベリー(Mulberry)」が9月6日、2018年秋冬コレクションのローンチイベント「エキセントリックな感性展」を韓国・ソウルでスタートした。メイン会場となるK現代美術館では、ガールズグループBLACKPINKら豪華ゲストを招いたランウェイショーやポップアップストアを開催。ショップや百貨店ではインスタレーションが展開され、9日までの4日間にわたりマルベリーの世界を体験できるコンテンツをソウル各所で用意する。

 

 マルベリーは2018年春夏シーズンのコレクション発表から"見てすぐ買える"see now buy now形式へと移行。今年2月のロンドンに続き今回が2回目の発表イベントとなる。マルベリーにとって韓国はイギリスに次いで大きな市場だという。

 6日20時からK現代美術館で行われたショーは、モデルのパク・スジュのウォーキングによって幕開け。ピンク色のカーペットの上には、英国王室が着るようなフォーマルなウェアから、ベビードールのイヴニングドレスまで様々なスタイルのルックが登場。相反するものを自由に組み合わせることでフレッシュな英国らしさを追求した。エディ・キャンベルが最後のモデルを飾り、フィナーレではクリエイティブ・ディレクターのジョニー・コカ(Johnny Coca)がランウェイを駆け抜け幕を下ろした。

 ショーにはBLACKPINKのメンバーLISAとROSEをはじめ、ブロガーのアミー・ソング(Aimee Song)、スージー・ロウ(Susie Lau)、日本からはAMIAYAらゲストが来場。ショーのアフターパーティーではドラァグクイーンや韓国人DJペギー・グーがパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。

 サックスブルーやライラック、ターコイズなど2018年秋冬コレクションの鮮やかなカラーパレットが内装へと落とし込まれたK現代美術館のスペースは、7日から9日までの3日間、ポップアップストアとして一般向けにオープン。ショーに登場した2018年秋冬コレクションを取り扱うほか、限定バッグ「スモール ハーロウ」が当たる自撮りコンテスト、来場者先着100人へのギフト贈呈といったコンテンツも用意する。

 K現代美術館でのイベントと連動し、ソウル・清潭洞のショップ「ディエチ・コルソ・コモ(10 Corso Como)」と百貨店「アヴェニュエル(AVENUEL)」では、9月21日までインスタレーションを開催。2018年秋冬コレクションから厳選したアイテムを紹介する。マルベリーでは今後もsee now buy now形式でのイベント開催を通して、2016年秋冬コレクションから参画しているコカの手によってフレッシュに生まれ変わったブランドをオンタイムで顧客に届けていく。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング