ドーメルの服地で仕立てた着物
ドーメルの服地で仕立てた着物
Image by: DORMEUIL

Fashion

仏ファブリックブランド「ドーメル」着物のオーダーメイド開始

ドーメルの服地で仕立てた着物 Image by DORMEUIL
ドーメルの服地で仕立てた着物
Image by: DORMEUIL

 フランス発ラグジュアリーファブリックブランド「ドーメル(DORMEUIL)」が、青山の直営店で男女向けの着物と羽織、袴のオーダーメイドを9月19日から開始する。

— ADの後に記事が続きます —

 着物のオーダーメイドは、日仏友好160周年を迎えることを記念して企画された。ブランドを代表するスーツ地「AMADEUS」や、ウール100%ナチュラルストレッチが好評の「EXEL」など、幅広いラインナップから好みの服地を選択して仕立てることができる。価格は着物が29万円から、羽織が29万円から、袴が23万円から。

 本国フランスのパリでは日本文化事業「ジャポニスム2018」に参加。10月24と25日には「Mizen Fine Art Gallery」で、10月26日から11月29日までは「ドーメルフランソワプルミエブティック」で、ドーメルの服地で仕立てた着物やバッグの展示が予定されている。

■ドーメル:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング