Fashion

水原希子や北村匠海が来場、写真で振り返る「コーチ」2019春夏ショー

 「コーチ(COACH)」が、2019年スプリング メンズ&ウィメンズコレクションをニューヨークで発表した。クリエイティブ・ディレクターのスチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)が手掛ける新作を見るため、会場にはブランドアンバサダーのセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)をはじめ、俳優の北村匠海や韓国のガールズグループ ブラックピンク(BLACKPINK)のメンバーらが来場した。バックステージやショー会場で撮影したエクスクルーシブ写真を通じて、ショーの1日を振り返る。

 ニューヨーク・Pier94の会場では、ブロンティー(Bronty)と名付けられた高さ6メートル超の巨大なダイナソーがセレブリティやメディア関係者らゲストを迎えた。テキサスからカリフォルニアまでアメリカを横断して収集した、タービンや廃車のパーツを含む廃材を使って制作されたという。

 会場が暗転し2019年春夏コレクションのショーがスタート。今シーズンは女性画家のジョージア・オキーフが活動拠点としていたことでも知られる、サンタフェの荒野「ゴースト・ランチ」への旅をインスピレーション源に、クラフトマンシップとスピリットを集積し再構築したアメリカンスタイルが登場した。

 今シーズンもディズニーとコラボレーションし、お馴染みのキャラクターを新たな文脈で表現してリミックス。「101匹わんちゃん」のダルメシアンのチャームが付属したバッグをはじめ、「ダンボ」や「おしゃれキャット」のキャラクターがあしらわれたウェアやキャップなどが披露された。

 ショー終盤には、ブランドアンバサダーを務める水原希子がサプライズでショーに登場。人気モデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)や日本人男性モデルのKohei、ドリー・ヘミングウェイ(Dree Hemingway)らと共にランウェイを飾った。

 ショーのフロントローには、セレーナ・ゴメスや北村匠海、ブラックピンクのジスとロゼ、女優のウーピー・ゴールドバーグ(Whoopi Goldberg)、アーティストのペトラ・コリンズ(Petra Collins)ら世界各国からゲストが集結。ショーのバックステージでは、水原や来場ゲストらが交流する姿がカメラに収められた。

<全ルック>「コーチ」2019年春夏コレクション

問い合わせ先:コーチ・カスタマーサービス・ジャパン 0120-556-750
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング