メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション
Video by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

「メゾン マルジェラ」メンズとウィメンズの合同ショーを初開催

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」が、初のウィメンズとメンズ合同ショーを9月26日にパリで開催した。

— ADの後に記事が続きます —

 ショーはパリファッションウィーク3日目、グラン・パレ内のGalerie Sud-Estで行われた。ジョン・ガリアーノ(John Galliano)はウィメンズコレクションに加えて2018年秋冬シーズンからメンズのクリエイティブディレクションを手掛けており、6月にはメゾンの中核を担う「アーティザナル」コレクションのメンズウェアを発表。続く今回は、メンズとウィメンズ合同でプレタポルテの新作発表となった。男女の境界線を感じさせないスタイリングで、メンズモデルも多く起用された。

 ランウェイショーはヘリンボーンツイードスカートをケープとして着用したファーストルックに始まり、メゾン マルジェラならではの脱構築的な表現が男女の境界線を感じさせないスタイルで提案された。モバイル端末が取り付けられたユニークなバッグやブーツも登場している。

 今回は反乱や反抗という意味を持つ新しいフレグランス「Mutiny」のローンチも兼ねており、ウィロー・スミス(Willow Smith)やプリンセス・ノキア(Princess Nokia)などを起用したティザー動画がショー会場を演出した。

■パリファッションウィーク特集:特設サイト

全ルック>>「メゾン マルジェラ」2019年春夏コレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング