Image by: セイコー

Fashion

ビューティ&ユース別注モデルなど、セイコーが梶原由景監修ウォッチの新作発売

Image by: セイコー

 「セイコー(SEIKO)」が、クリエイティブコンサルティングファーム「LOWERCASE」の梶原由景が監修を行ったソーラーデジタルウォッチの新作を発売する。価格帯は税別2万6,000円から2万8,000円。

— ADの後に記事が続きます —

 今回発売される新作ウォッチは、セイコーのヒストリカルモデルをタウンユースやフィールドウォッチとして最適なスペックにアレンジしたソーラーデジタルウォッチ2種(10月26日発売)をはじめ、ネイビーを基調とした「ナノ・ユニバース(nano・universe)」別注モデル(11月下旬発売予定)や、グレーとオールブラックにそれぞれ仕上げた「ビューティ&ユース(BEAUTY&YOUTH)」別注モデル2種(2019年2月発売予定)の全5種を展開。別注モデルはいずれも500本限定で販売される。

■セイコーウオッチ:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング