Fashion

ワールドとTSIが共同配送開始、効率的な物流体制を目指す

 ワールドとTSIホールディングスは、9月に同一商業施設内に両ブランドが出店している場合の納品を一元化し共同配送を開始した。

 両社はこれまで各々が独自の物流改革に着手してきた。ワールドは昨年、千葉県船橋市にショッピングセンター業態の物流拠点として「ワールドディストリビュートセンター(WDC)」を開設。またTSIホールディングスは、生産・物流の機能子会社であるTSI・プロダクション・ネットワークを中心に各事業を担う子会社の物流の効率化を図ってきた。それぞれが個別に進めてきた物流改革を連携することにより、輸送効率の向上や物流コストの抑制を目指す。現在の対象エリアは、関東1都6県の駅に隣接するファッションビルやショッピングセンターのうち39館となっており、 徐々にエリアを拡大していく予定だという。

 また同業他社の参画を促すことで、ファッション業界全体の物流プラットフォームの構築にも貢献していく考えだ。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング