THE METの公式サイトより

Fashion

来年のメトロポリタン美術館特別展のテーマ発表、ファッションにおける皮肉な美学「Camp」に迫る

THE METの公式サイトより
THE METの公式サイトより

 ニューヨークのメトロポリタン美術館コスチューム・インスティチュートが2019年春に開催する特別展のテーマが、「Camp: Notes on Fashion」に決定した。会期は2019年5月9日から9月8日まで。

 

 「Camp: Notes on Fashion」は、アメリカの作家スーザン・ソンタグ(Susan Sontag)が1964年に発表したエッセイ「キャンプについてのノート(Notes on "Camp")」から題された。エッセイでソンタグは、キャンプを美学と定義し、その要素として「アイロニー、ユーモア、パロディー、パスティーシュ、人工、演劇、誇張」などを挙げている。

 同展では、ウィメンズウェアやメンズウェア、彫刻、絵画など、17世紀から現在までを代表する約175作品を通じて、ソンタグが提示したキャンプの要素がファッションでどのように表現されてきたかを探求する。オープニングではヴェルサイユを「キャンプ・エデン」と位置付け、"キャンプ"の由来となったフランス語の"se camper(=大胆なポーズをとる)"を表現。また、本編でキャンプの理想である「ダンディー」のキャラクターに焦点を当て、その起源となった19世紀後半〜20世紀初頭のヨーロッパとアメリカで現れたクィア文化などに迫る。

 同展の開催を祝う毎年恒例の「メットガラ(MET GALA)」は5月6日に開催され、「グッチ(Gucci)」がスポンサーを担当。Andrew BoltonとWendy Yuがキュレーションを手掛け、共同ホストはアナ・ウィンターをはじめ、グッチのクリエイティブディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)、レディー・ガガ(Lady Gaga)、セリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)らが務める。

 公式サイトで公開されたヴィジュアルにはヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」から2018年プレフォールコレクションのアイテムと、「モスキーノ(MOSCHINO)」の創業者フランコ・モスキーノ(Franco Moschino)が手掛けた1991年春夏コレクションのアイテムが採用された。展覧会では、クリストバル・バレンシアガ(Cristóbal Balenciaga)やトム・ブラウン(Thom Browne)、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)、ジャン=ポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)、フランコ・モスキーノ(Franco Moschino)らによる作品が並ぶ予定だ。

■Camp: Notes on Fashion
会期:2019年5月9日(木)〜9月8日(日)
会場:The Met Cloisters、The Met Fifth Avenue: Medieval Galleries、Anna Wintour Costume Center
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング