Business

無人の"空飛ぶトラック"2020年半ば実用化へ ヤマトが米国企業と開発

完成イメージ
完成イメージ
Image by: ヤマトホールディングス

 ヤマトホールディングスが、アメリカのヘリコプター製造会社ベルヘリコプターと無人の空輸機を共同開発する。2020年半ばの実用化を目指す。

 

 今回の共同開発ではヤマトホールディングスが荷物を収容するポッドを、ベルヘリコプターが自律運航する機体をそれぞれ担当する。無人の空輸機は時速160kmで飛び、最大450kgの荷物に対応。2019年8月までに飛行および機能デモンストレーションを行うという。

 ヤマトホールディングスは、これまで培った空と陸のノウハウを融合させた革新的な輸送サービスの開発を通して、国際的な物流のプラットフォームの構築にも貢献していく考えだ。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング