イメージ
イメージ
Image by: ZOZO

Business

ヤマト運輸、配送伝票の名前や住所を伏せ字に 置き配時の個人情報漏洩リスクを低減

イメージ Image by ZOZO
イメージ
Image by: ZOZO

 ヤマト運輸が、EC事業者向けの置き配対応商品「EAZY」において、配送先の個人情報を二次元コード化する新たな配送サービスを6月1日から開始すると発表した。個人情報漏洩リスク低減を目的とし、ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOが国内で初めて導入。まずは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の4都府県で対応し、8月2日から全国に拡大する計画だという。

— ADの後に記事が続きます —

 ヤマト運輸が展開するEAZYでは、対面に加えて玄関ドア前や宅配ボックスなど、配達の直前まで何度でも受け取り方法を変更できる機能や、置き配時に配達完了通知と撮像データをリアルタイムにメール配信するサービスを提供。利便性と安全性が利用者から好評を得ているという。

 今回の新サービスは、置き配時の「個人情報の漏洩リスクが不安」といった声に対応した。EC事業者は配送先の個人情報を二次元コード化した配送伝票を発行し、荷物に貼り付けて発送。個人情報の印字が無いため、受け取った利用者は梱包資材を廃棄する際に伝票を剥がす手間を省くことができる。

 ヤマト運輸は今後、出荷から配送までの一連の工程を最先端のバーコードスキャンや物体認識技術、拡張現実(AR)などのコンピュータービジョンを活用した新たな付加価値の提供を進めていくという。

ヤマトホールディングス クロネコマーク

こちらもチェック
ヤマトが「クロネコマーク」デザイン刷新、1957年の制定以来初

流通新大陸の覇者 ZOZOTOWN―週刊東洋経済eビジネス新書No.238
編集: 週刊東洋経済編集部
メーカー: 東洋経済新報社
発売日: 2018/02/02
価格: ¥198(2021/05/31現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング