Fashion

藤田ニコル監修のウェディングドレスが好調、ラインナップ拡充

セカンドコレクションより
セカンドコレクションより
Image by: マリアローザ

 モデルでタレントの藤田ニコルがデザインを監修するウェディングドレスブランド「ビー ビー デュオ(b. b. duo)」が、セカンドコレクションを発表した。新たに20種12型がラインナップに加わり、全41種24型に拡充。新作は2019年4月以降に予約を受け付ける。

 

 ビー ビー デュオのコンセプトは、自由奔放を意味するボヘミアンと、クリエイティブな人々が集うニューヨークのソーホー(SOHO)を組み合わせた「ボーホー(BOHO)スタイル」。従来の形式や枠にとらわれず自分らしさを表現できるスタイルとして打ち出している。運営会社のマリアローザによると、2018年春のファーストコレクションは当初の予定数を約130%上回る予約が入るなど好評を得ているという。

 セカンドコレクションは「ヴィンテージ・シック」をテーマに、レトロなベロアやアンティーク調レースなど異なる素材をあしらったデザインを展開。またウェディングドレスにジャケットを合わせたり、小物にシルクハットを取り入れるなどしてクールさの中に可愛らしさを演出したという。ウェディングドレスのレンタル価格は30万円〜を予定。

■マリアローザ:公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング