外観イメージ

Lifestyle

都内最大級のシネマコンプレックス「グランドサンシャイン」が池袋に

外観イメージ

 シネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」が、2019年7月開業予定の新都市型商業施設「キュープラザ池袋」内にオープンする。12スクリーン、約2,500席を配置し、都内最大級の規模で運営する。

— ADの後に記事が続きます —

 「キュープラザ池袋」は地下2階地上14階建ての池袋東口エリア最大級の商業ビルで、グランドシネマサンシャインは中高層階となる4階から12階に構える。目玉となるのは、常設の映画館としては国内最大となるスクリーンを備えた「IMAXレーザー(R)/GTテクノロジー」シアター。高さはマンション6階分に相当する18.9m、幅は25.8mで、従来のスクリーンより約40%拡がった迫力のある画角を実現する。また、2台の4Kレーザープロジェクターを採用。より広い色域と高いコントラストで、これまで再現不可能だった現実世界に近いリアルな映像を投影する。このほか、体感型アトラクションシアター「4DX(R) 」や、映画の中に入ったような感覚が体感できるオリジナル劇場規格「ベスティア(BESTIA)」などを導入。一部のシアターではグランドクラス、プレミアムクラス、レギュラークラスの3グレードの座席を用意し、IMAX(R)シアターの最前列に設置されるフラットシートでは寝転び見上げながら映画が楽しめる。

 同施設ではグランドシネマサンシャインのほか、低層階の1階から地上3階にエリア特性に合わせた個性的な店舗を集積した商業フロアを展開する。

■グランドシネマサンシャイン
開業: 2019年7月(予定)
場所:キュープラザ池袋
住所:東京都豊島区東池袋1丁目30-1他
スクリーン数:12スクリーン
座席数:約2,500席

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング