「ユリナ カワグチ」2019年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

ジェーンスミス元デザイナーが手掛ける新ブランド「ユリナ カワグチ」がデビュー

「ユリナ カワグチ」2019年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ジェーンスミス(JANE SMITH)」でデザイナーを務めていた川口ユリナが、自身のブランド「ユリナ カワグチ(Yurina Kawaguchi)」を立ち上げた。

— ADの後に記事が続きます —

 川口ユリナはセレクトショップ「シェル(cher)」のプレス担当と企画業務を経て、2001年に「スラントワイズ(SLANTWISE)」をスタート。その後2011年に独立し、「トゥエンティーミリオンフラッグメンツ(20,000,000 fragments)」のデザイナーを務めたほか、同時期に「シンゾーン(Shinzone)」のデザイナー兼クリエイティブディレクターを務めた。また、2014年秋冬から2019年春夏シーズンまでジェーンスミスにデザイナーとして携わり、2015年から「シー・ピー・シー・エム(CPCM)」のウィメンズディレクターとして活動している。

 約18年というデザイナー歴からブランドを立ち上げたタイミングについて川口は「独立してから7年ほど経つが、まだ学ぶべきことはたくさんある。直感で今しかないと思った」と説明。糸から素材を作り、素材同士の組み合わせを楽しみながら表現できる場としてブランドを位置づけるという。30代〜40代をメインターゲットに、自立した大人の女性に向けてブランドを展開していく。

 デビューシーズンとなる2019年春夏コレクションでは、カットソーやワンピース、コートなど全26型をラインナップ。価格帯は1万円台〜6万円台で、トリアセテートとフェイクレザーの組み合わせや、シアー感のあるナイロン素材などを採用し、大人の女性らしさと上品なセクシーさを表現したという。今後については、まだ具体的には決まっていないが「素材感を楽しんでもらえるようなブランドにしていきたい」と思いを語った。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング