rurumu: デザイナーの東佳苗
rurumu: デザイナーの東佳苗
Image by: FASHIONSNAP

Fashion

「縷縷夢兎」デザイナー東佳苗がブランド立ち上げ、ハンドメイドから量産アイテムまで

rurumu: デザイナーの東佳苗 Image by FASHIONSNAP
rurumu: デザイナーの東佳苗
Image by: FASHIONSNAP

 一点もののハンドメイドニットを展開する「縷縷夢兎(るるむう)」を手掛ける東佳苗が、ハンドメイドから量産アイテムまでを扱う新ブランド「ルルムウ(rurumu:)」を立ち上げた。デビューとなる2019年春夏コレクションではニット素材のワンピースやビスチェ、スカート、カーディガンのほか、レースとリボンをあしらったトップス、トートバッグなど計14点を展開する。

— ADの後に記事が続きます —

 1989年福岡生まれの東は、学生時代に縷縷夢兎をスタートさせ、文化服装学院ニットデザイン科を卒業後はアーティストやアイドルの衣装デザイン、アートディレクター、空間演出といった様々な分野で活動。2015年には初監督作品「ヘビーシャビーガール」を公開するなど、映像作品も手掛けている。

 縷縷夢兎はこれまで、女の子の"今"をデザインに落とし込んだ一点もののニットを不定期で開催される個展で販売してきた。一方でブランドを継続していくうちに、SNSではアイテム自体よりもイメージが先行して拡散されていくことを実感したという東は「実際に着てくれる人にもっとアイテムを届けたい」と考えるようになり、新ブランドの立ち上げに至ったという。

 「大人になり振り返ってみると、青春は幻だったのでは」と感じたことがきっかけで採用したというファーストコレクションのテーマは、架空の青春を意味する「Fictional Youth」。幻かもしれないという点が新ブランドのイメージに合うとして、ブランドロゴにはうさぎの体に角が生えているUMA(未確認生物)のジャッカロープを採用した。

 コレクションでは、縷縷夢兎の世界観とクオリティを担保するため新潟の工場と何度もサンプルチェックを繰り替えし、自身初の量産でありながらもデザインへのこだわりを追求。セーラーカラーのワンピース(4万2,000円)は花占いをデザインに落とし込み、花のモチーフと「I hate」「Love you」「I want you」などのメッセージを編み上げ、数種類のニットを組み合わせたデザインのビスチェ(6万円)は手編みで生産されるため数量限定での展開。数種類の素材がボーダー柄に編まれたワンピース(3万3,000円)とスカート(2万8,000円)はセットアップとしても着用できる。価格帯は9,000円〜6万円(全て税別)。

 11月16日〜18日まで、一般参加も可能な受注会を表参道の「ホワイトスペース表参道(White space omotesando)」で開催。東京での会期が終了後、大阪と福岡でも行う。「直接顧客の方と接したい」という思いから卸には積極的ではなく、今後も受注会形式で年2回新作を発表していくという。なお、縷縷夢兎は今後も衣装制作などで継続する。

■rurumu: 2019ss展示会
東京
期間:11月16日(金)〜11月18日(日)
場所:ホワイトスペース表参道
住所:東京都渋谷区神宮前4−1−18
時間:12:00〜19:00(18日は〜18:00)

大阪
期間:11月23日(金)〜11月25日(日)
場所:gigantea room
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1-6-26 2階
時間:12:00〜21:00(23日は14:00〜、25日は〜18:00)

福岡
期間:12月7日(金)〜12月9日(日)
場所:MAISON D
住所:福岡県福岡市博多区下川端町1-19 201
時間:12:00〜20:00(7日は14:00〜、9日は〜19:00)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング