ショーのフィナーレ
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

記憶に残る赤、ヴァレンティノが東京で2019年プレフォールコレクション発表

ショーのフィナーレ
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」が11月27日、天王洲アイルのWarehouse TERRADAで2019年プレフォールコレクションのショーを開催した。

 ブランドがメンズとウィメンズをミックスした合同コレクションを発表するのは初めて。ギンザシックスに特別なコンセプトストアをオープンした同日に、ショーが行われた。会場内は、コンクリートの無機質な空間に赤い客席を設置したシンプルな構成。中央でピアノと弦楽器のカルテットが奏でる中、定刻の20時過ぎに幕開けした。

 コレクションのテーマとなったのは、クリエイティブディレクターのピエール パオロ・ピッチョーリが感銘を受けたという日本の「間(ま)」。対称と非対称、完全と不完全といった相反する美の対話を「間」と捉え、また日本ならではの美意識「侘び・寂び」を再解釈してメゾンのコードに落とし込んだ。

 ショーは象徴的なレッドのボウドレスに始まり、ラッフルや不規則なプリーツ、レースやオーガンジーなどで仕立てられ、それぞれが様々な表情のワントーンルックが続いた。クチュールのテクニックを用いたクラシカルとエレガンスを、控えめのボリュームとフォルムで表現。全面にあしらったVロゴやグラフィカルなプリントなど、メンズルックにはスポーティーな要素も掛け合わされている。ブラックやホワイト、ネイビー、そしてメゾンのアイコン的なフラワー柄が差し込まれ、終盤は再びレッド。無数のラッフルがあしらわれたロングドレスをまとったカイア・ガーバーがラストルックを飾り、フィナーレでは真紅の花びらでランウェイが演出された。

 会場には国内外から多くのセレブリティが招待され、ローラ、森星、ディーン・フジオカ、吉岡里帆、Perfumeのほか、K-POPグループEXOのレイ、俳優のソン・ジュンギなどアジアからのゲストも集結。また今回ブランドの招待で「ダイエットプラダ」のトニー・リューとリンゼイ・スカイラーも会場に姿を現した。

■ VALENTINO 2019年プレフォールコレクション:全ルック

関連記事>>
ヴァレンティノが「侘び寂び」を解釈、マンガから伝統工芸まで全フロアで日本を表現
【ライブ】ヴァレンティノが東京で開催するショーの全て
「ヴァレンティノ」アンダーカバーとダブレットとのコラボアイテム発表、日本限定アイテム多数

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング