パビリオンで取り扱うアイテム例
パビリオンで取り扱うアイテム例
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

伊勢丹メンズ館が改装、ストリートブランドの拡充やカルチャースペース新設で若年層の顧客獲得へ

パビリオンで取り扱うアイテム例
パビリオンで取り扱うアイテム例
Image by: FASHIONSNAP.COM

 伊勢丹新宿本店メンズ館のリモデルの主軸となる2階フロアの詳細が明らかになった。若手ブランドやストリート、ヒップホップのテイストを持つブランドを豊富に揃えるほか、アート作品の展示販売スペースと、音楽やカルチャーの発信を担うスペースなどを新設し、20代後半の顧客を取り込む。

— ADの後に記事が続きます —

 伊勢丹新宿本店は、三越伊勢丹グループの3ヶ年計画の中で掲げる「事業構造の転換(トランスフォーメーション)」の一環として、今年9月から段階的に館内のリモデルを行っている。メンズ館についてはカジュアルフロアの再編がリモデルの大きな目的の一つになっており、国内外のモードブランドから新進デザイナーズブランドまで集積する2階「インターナショナル クリエーターズ」はリモデルの主軸となるフロアと位置付けられている。

 2階では新たに「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」や「アマチ(amachi.)」といった日本の若手ブランドを取り扱う。さらにこれまで3階で取り扱っていたメゾンブランドの一部を2階で販売することで、価格帯の幅を広げるという。リモデル後も継続して展開される「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」や「トーガ(TOGA)」「ミハラヤスヒロ(MIHARA YASUHIRO)」からは、リニューアルを記念してアーカイブがベースの別注アイテムが販売される。

 新設のスペースでは、様々なアーティストが制作したアートピースを期間毎に展示販売するアートウォールを設置するほか、植物なども取り扱う。また「ヘロン・プレストン(HERON PRESTON)」の日本初の直営店がオープン。日本初上陸となる「インソムニアック(insomniac)」など各国の新鋭ブランドも揃える。また同エリア内で、ブランドおよびデザイナーと親和性の高いダンサーやDJ、アーティストを招いた音楽イベントの開催を計画しており、ファッションを中心にカルチャーに触れることができる場を用意する。

 2階のリニューアルオープン時期は2019年3月中を予定しており、同日に複数のフロアが改装オープンする。1階はメンズのコスメやスキンケア、フレグランスのエリアが従来の2倍に拡大し、日本初上陸のフレグランスやオーガニックのスキン・ボディケア製品の取り扱いを充実させる。他フロアの詳細については後日発表するという。

 リニューアル済みの地下1階では新たな取り組みとして、2019年春夏シーズンに世界初のシューズフィッティングマシーンを使用したフィッティングサービスを限定展開。同じく改装済みの7階ではリーバイスの古着「Levi's Authorized Vintage」を再構築した別注アイテムを取り扱う。

■2019年春 伊勢丹新宿本店メンズ館リモデル
リニューアルオープン日:2019年3月中

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング