ステラマッカートニーの新作アイウェア
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

アイウェアの新トレンドは"逆三角"?バレンシアガからはトリプルSから着想の新作も

ステラマッカートニーの新作アイウェア
ステラマッカートニーの新作アイウェア
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ケリング アイウェア ジャパンが2019年春夏の展示会を開催した。今シーズンから「バレンシアガ(BALENCIAGA)」と「モンブラン(MONTBLANC)」が取扱いブランドに加わっている。

 アイウェアはレンズが大きいものが主流だったが、2018年春夏シーズンから細身のシェイプがトレンドとして登場。先シーズンまでは「キャッツアイ」が多くのブランドから提案されていたが、今シーズンでは逆三角形のレンズが多く見られ、「カルティエ(Cartier)」「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」「バレンシアガ」などで展開されている。

 またこれまで「マルコリン(MARCOLIN)」がライセンスを所有していた「バレンシアガ」のアイウェアコレクションをケリングアイウェアが手掛けることになり、今回初のコレクションを披露。ブランドの人気スニーカー「トリプルS」と連動した「ハイブリッド」やレンズがテンプル部まで続く「アンリミテッド」などが登場した。発売は4月以降を予定する。

 またリシュモン傘下の「モンブラン」もケリング アイウェアが手掛けることになり初のコレクションを発表。今年3月に締結した「カルティエ」とのパートナーシップに続くグループの垣根を超えた取り組みで、「モンブラン」は2ブランド目となる。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング