Fashion

ファーストリテイリングが2020年までに全ブランドでモヘアの使用禁止に、サステナブルな商品展開を強化

 ファーストリテイリンググループが、「セオリー(Theory)」や「プラステ(PLST)」など傘下の全7ブランドにおいて2020年までにモヘアの使用を禁止すると公式サイトで発表した。

 同グループでは環境に配慮したサステナブルな商品の実現に向け、2018年秋冬商品にリアルファーの使用を禁止するなど継続的に動物系素材の調達方法などを見直している。今年6月に「ユニクロ(UNIQLO)」で2020年までにモヘアの使用を禁止すると発表していた。

 ファッション業界では、今年3月に「ヴェルサーチェ(VERSACE)」が2019年コレクションからファー商品の取り扱いを終了することを発表したほか、10月に「コーチ(COACH)」も同様に2019年秋冬コレクションからファーフリーを採用すると宣言。12月には「シャネル(CHANEL)」がエキゾチックレザーの使用を廃止すると発表するなど、サステナブルや動物愛護といった倫理的な姿勢を示すブランドが増えている。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング