服部一成がディレクションした新ユニフォーム
Image by: ポーラ

Fashion

創業90周年のポーラがビューティーディレクターのユニフォームを刷新、服部一成がディレクション

服部一成がディレクションした新ユニフォーム
服部一成がディレクションした新ユニフォーム
Image by: ポーラ

 ポーラが2019年9月に迎える創業90周年の節目に合わせて、ポーラショップでカウンセリングを行う国内のビューティーディレクターのユニフォーム(百貨店は除く)を2019年1月から順次リニューアルする。デザインは、ポーラのブランディングを手がけているアートディレクターの服部一成がディレクションした。

 新ユニフォームは、シャープで清潔な印象を与える白と黒を基調にしたデザイン。スタンダードでありながらトレンドも加えたシルエットに遊び心のあるアシンメトリー要素を取り入れ、洗練されたスマートさと女性らしいやわらかさを落とし込んだという。選考プロセスには全国のビューティーディレクターも投票を通じて参加。全12アイテムが製作され、トップスとボトムスともに自由に組み合わせて着用することができる。

 90周年記念プロジェクトではこのほか、コーポレートシンボル「POLA Dots」を制作。2016年からコーポレートシンボルに採用している「ポーラドッツ(POLA Dots)」をベースに、ブルードッツとゴールドドッツを合わせることで、ポーラブランドの歴史や想いと未来や可能性を表現した。また、特設サイトを開設。90周年ステートメントにもある「未来は出会いでできている」をテーマに「未来の美しさに向けた出会い」を描いた6本の映像を2019年3月から順次公開していくという。

■90周年特設サイト:トップページ(2018年12月末公開予定)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング