Fashion 主要ニュース

2018年下半期は何が起きた?ファッション業界の主要ニュース

 2018年の下半期(7月〜12月)ファッション業界では何が起きたのか。アート、ビジネス、ライフスタイルなど、ファッションの周辺分野も含めて半年間のニュースをまとめ、8つのポイントと共に動向を辿った。

【関連】2018年上半期は何が起きた?ファッション業界の主要ニュース

ポイント①【続々とロゴ刷新】

 ラグジュアリーブランドからストリートブランド、時計ブランド、アパレル関連会社まで、様々なジャンルでブランドロゴの変更が相次いだ。リブランディングに伴い、「バーバリー(Burberry)」と「バルマン(BALMAIN)」は文字の線の端につけられる線や飾りのある「セリフ体」から装飾のない「サンセリフ体」に刷新。「セリーヌ(CÉLINE)」は文字の間隔を詰め、「CÉLINE」の「É」のアクセントを取ったデザインに変更した。ラグジュアリーブランドではこのほか「リモワ(RIMOWA)」や「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE von FURSTENBERG)」などもミニマルなデザインを採用しており、字体の似たロゴが増えているという見方もある。

 国内企業では、109が公募で新ロゴマークを決定。"イチマルキュー"の名前にちなみ丸を取り入れたデザインで、来春にビルのシリンダーに取り付けられる。

下半期にロゴを変更したブランド・企業
国内:109ジーヴィージーヴィーメルカリ小松マテーレユニクロユー
国外:バーバリーセリーヌバルマン

 

ポイント②【東京で2ブランドが盛大なショー】

「ヴァレンティノ」ショーのフィナーレ Image by: FASHIONSNAP.COM

 春夏と秋冬のメインシーズンに加えて、プレコレクションを強化するブランドが増えている。大々的にランウェイショーで発表するラグジュアリーブランドも少なくなく、今年の11月末には2つのブランドが東京でプレフォールコレクションのショーを開催し、海外からも多くのセレブリティが集った。

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、天王洲アイルのWarehouse TERRADAでメンズとウィメンズをミックスした合同ショーを初めて披露。赤が印象的なルックが多数登場し、フィナーレでは真紅の花びらがランウェイを演出した。

 キム・ジョーンズ率いるディオールは、メンズ初のプレフォールコレクションを発表。メタリックやベルベット、ホログラム加工の素材など角度によって光沢感が異なるアイテムが登場し、フューチャリスティックなスタイルを提案した。ショーではロボットを連想させる演出が取り入れられ、円形のランウェイの中央にはアーティストの空山基が手掛けた10mを超える巨大な「セクシーロボット」のオブジェが設置された。

さらに詳しく
【ライブ】ヴァレンティノが東京で開催するショーの全て
ヴァレンティノが「侘び寂び」を解釈、マンガから伝統工芸まで全フロアで日本を表現
【ライブ】キム・ジョーンズによる"DIORメンズ"が東京で初のショー

 

ポイント③【芸能人によるアパレル事業展開】

発表会に登壇した香川照之 Image by: FASHIONSNAP.COM

 柴咲コウが手掛ける初のファッションブランド「ミ ヴァコンス(MES VACANCES)」や、香川照之が設立した新会社が展開する昆虫服ブランド「インセクトコレクション(Insect Collection)」など、芸能人によるアパレル事業参入が目立った。

 モデルの鈴木えみは、自身がデザイナーを務める「ラウタシー(Lautashi)」で「Amazon Fashion Week TOKYO」に初参加。Amazon Fashion主催のオリジナルプログラム「AT TOKYO」を通じてメディアアーティストの落合陽一とコラボレーションし、東京の1日の移り変わりを再現した空間で「日常着」をコンセプトに2019年春夏コレクションを披露した。

 このほか、香取慎吾とスタイリストの祐真朋樹がディレクションを手掛けるショップ「ヤンチェ オンテンバール(JANTJE_ONTEMBAAR)」や、EXILEや三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動するNAOTOがクリエイティブディレクターを務める「スタジオ セブン(STUDIO SEVEN)」などが実店舗を出店した。

さらに詳しく
【インタビュー】女優から実業家へ、柴咲コウがファッションブランドで表現したもの
鈴木えみ×落合陽一、異色の2人が語るファッションと東京と"光のタイムマシン"

 

ポイント④【業界で広まった被災地支援】

 下半期は「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」による水害に始まり、8月中旬から9月にかけて発生した台風は6月の大阪府北部地震被災地を直撃し被害が拡大。同時期に発生した台風は全国55地点で最大瞬間風速が観測史上最大を更新する猛威を奮った後、9月には北海道胆振東部地震が発生するなど全国各地で災害が多発した。これによりアパレル生産工場やショップが休業を強いられ、三越伊勢丹ホールディングスや高島屋といった百貨店の既存店の9月の売上は前年実績を下回った。

 アパレル業界では被災地支援の動きが広がり、西日本豪雨発生後はゾゾ(ZOZO)やストライプインターナショナル、ファーストリテイリングといったアパレル各社が被災地支援として衣類を寄付。また、岡山出身のインテリアデザイナー片山正通らが発起人となり、8月24日に西日本豪雨災害支援募金プロジェクト「YEN」が始動。香川出身の映画監督 本広克行や、片山と親交が深いサカナクション山口一郎も賛同人として協力している。

 その後に発生した平成30年北海道胆振東部地震では、多くの小売店や百貨店で募金受付を実施。ストライプインターナショナルは支援物資として秋物衣服約1,000点を寄付し、グンゼは紳士用肌着や子ども用肌着などを送付した。

さらに詳しく
片山正通らが発足した西日本豪雨災害支援募金「YEN」の賛同広がる

 

ポイント⑤【ブート品販売者が逮捕】

 7月5日に「ブート品」を販売目的で所持し商標法違反容疑で都内の古着店経営者2人が逮捕。ブート品が対象の立件は国内では初めてのことで、違法品を含む多くのブート品は今も世界中に流通していることなどから古着を扱う業界を中心に動揺が広がった。

さらに詳しく
偽物?それともオマージュ?初の逮捕者を出したブート品とは

 

ポイント⑥【メンズコスメ市場の拡大】

 これまでのメンズコスメ商品はシャンプーやボディソープ、スキンケア用品が多かったが、最近はメーキャップにも展開が広がっている。ハイブランドも参入しており、今年8月には「シャネル(CHANEL)」が初の男性用メーキャップラインを始動した。

 国内では9月に業界初となるメイク中心のメンズ総合コスメブランド「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」がデビュー。マス向けのファンデーションや、コンシーラー、アイブロウなどの商品を展開し、ヒゲを剃る、髪をセットする、そして服装に気を使うのと同じように身支度の一つとして訴求していくという。

さらに詳しく
男性もメイクする時代に、メンズコスメの市場に注目

 

ポイント⑦【買収、撤退、追放…激動の中国市場】

■盛り上がる中国経済、一方で撤退する企業も

 中国では「アリババ(ALIBABA)」が"独身の日"に開催したビッグセールの流通総額が過去最高の約3兆5,000億円を記録するなど、ECを中心に市場規模を拡大している。企業間の取り組みではリシュモンがアリババと、ラオックスは中国の越境ECサイト「網易コアラ(Kaola.com)」とそれぞれパートナーシップ契約を締結

 日本の企業では、コメ兵が海外進出1号店となるブランドリユースセレクトストア「ラックスストーリー(LuxStory)」を中国・北京にオープン。阪急百貨店も2018年中に中国への出店を計画していたが、2019年に延期した。一方で、2006年4月から中国市場に参入していたハニーズホールディングスは「黒字転換は困難」として9月末までに全店舗を閉店。中国子会社の解散および清算が決定した。

■中国企業によるファッションブランドの買収続く

 2018年上半期は「バリー(BALLY)」「ランバン(LANVIN)」が中国企業によって買収されたことで話題を集めたが、下半期は売却先を模索していた「カルヴェン(CARVEN)」を中国企業のICICLE FASHION GROUP CO., Ltdが買収。買収が明らかになってから約1ヶ月後、2017年2月からブランドのクリエイティブディレクターを務めてきたセルジュ・ルフュー(Serge Ruffieux)の退任が発表された。

■ドルチェ&ガッバーナの"中国市場追放"騒動

 「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」は上海で予定していたショーのプロモーション動画が発端となり炎上騒動に。モデルや来場ゲストらが参加を拒否し、ショーは中止となった。さらにEC大手ユークス ネッタポルテ グループが運営する「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」「ミスターポーター(MR. PORTER)」「ユークス(YOOX)」をはじめ、「アリババ」「JDドットコム(JD.COM)」ではドルチェ&ガッバーナの商品をサイトから削除するなど、市場追放の動きにまで発展。デザイナーの2人が中国動画サイトWeiboで謝罪動画を配信する事態となった。

■深刻化する模倣問題

 日本企業の中国市場参入が続くなか、「無印良品」商標権訴訟草間彌生の贋作を展示した展覧会など中国国内の模倣問題は深刻化。12月にはサムスン電子の中国法人が「シュプリーム(Supreme)」とのコラボレーションを発表したが、コラボの相手は"偽シュプ"を展開する「シュプリーム イタリア」だったことが判明し波紋を呼んだ。現在コラボは再検討中だという。

 

ポイント⑧【様々なサステナブルへの取り組み】

H&Mジャパン代表取締役社長のルーカス・セイファート Image by: FASHIONSNAP.COM

 上半期同様、サステナビリティへの取り組みが進んでいる。ラグジュアリーブランドでは、バーバリーが売れ残り商品の焼却処分を中止。また、これまで使用を制限していたウサギ、キツネ、ミンク、ラクーンに加え、アンゴラの使用を廃止した。これに続き、米タペストリーの傘下ブランド「コーチ(COACH)」もブランド全ての製品においてリアルファーを、12月には「シャネル(CHANEL)」がエキゾチックレザー(アリゲーター、クロコダイル、リザード、スネイク、ガルーシャ)を使用廃止すると表明した。

 またユニクロを展開するファーストリテイリングでは、2018年秋冬商品からリアルファーを撤廃。12月にはユニクロに加えて「セオリー(Theory)」「プラステ(PLST)」など傘下の全7ブランドにおいて2020年までにモヘアの使用を禁止するなど、環境に配慮したサステナブルな商品の実現を目指している。

 以前からサステナビリティ活動に力を入れている「H&M」では12月5日からショッピングバッグの紙製化および有料化を実施。在庫分のプラスチック製ショッピングバッグも有料となった。

さらに詳しく
ティッシの新生バーバリー、売れ残り商品の焼却処分を廃止
コーチがリアルファー使用廃止へ 2019年秋シーズンから
シャネルがエキゾチックレザーの使用廃止を発表
ファーストリテイリングが2020年までに全ブランドでモヘアの使用禁止に
「循環型ファッション業界」が目前に、H&Mのサステナブル最前線

 

2018年下半期、主要ニュース一覧

<7月>

ロジャー・フェデラー、ユニクロのグローバルブランドアンバサダーに就任(07月02日 )
元「ネーム」清水則之が新ブランド、オーラリー運営会社から(7月02日)
本格テーラーメイド感覚?ZOZOがビジネススーツの販売開始(07月03日)
ヒットユニオンが「CA4LA」運営会社ウィーブトシを買収(7月04日)
キム・ジョーンズ最後の「ルイ・ヴィトン」が伊勢丹新宿店に(07月05日)
・「H&M」日本第1号店の銀座店が閉店へ、10年間営業(7月06日)
バーバリー、ヴィヴィアン・ウエストウッドとのコラボ発表(07月06日 )
偽物?それともオマージュ?初の逮捕者を出したブート品とは(7月06日)
メンズファッションの新旗手マシュー・ウィリアムス来日、ナイキコラボを語る(07月09日)
「ハイク×ザ・ノース・フェイス」第2弾の発売日が決定(7月09日)
オランピア・ル・タン、自身の名を冠したブランドを去る(7月10日)
MTGが上場、時価総額はマザーズ市場でメルカリに次ぐ2位に(7月10日)
ユニクロ、買い物アシスタントサービス「UNIQLO IQ」を提供開始(7月11日)
ゾゾスーツのレッドが登場、1000着限定で即日配送が可能(7月12日)
「ロンシャン」がブランド初のランウェイショーをNYで開催(7月13日)
打倒アマゾンなるか?楽天が独自の配送ネットワーク「ONE DELIVERY」発表(07月17日)
"右脳集団" 伊藤忠ファッションシステムがトップ交代で目指す先(7月19日)
渋谷109の新ロゴが発表、"イチマルキュー"の丸みをイメージ(07月22日)
原宿が韓国化?"第3次韓流ブーム"でコスメからフードまで勢いが加速(07月22日)
ウィゴーが再び経営刷新、投資会社J-STARの傘下に(7月23日)
ファストリが「ルメール」の株49%取得、契約延長も(7月24日)
黒字見通し一転、三陽商会が16億円の営業赤字に下方修正(7月27日)
「ロダルテ」が再びニューヨークへ、2019年春夏コレクションを発表(7月27日)
三越伊勢丹HDの前社長 大西洋氏がストライプの社外取締役に就任(7月25日)
「ブリオーニ」のクリエイティブディレクターが約1年で退任(7月30日)
スタートトゥデイ第1四半期は減益、「ゾゾ」売上急拡大を計画(7月31日)

<8月>

百貨店も"買う"から"借りる"へ、三越伊勢丹がシェアリングサービス開始(8月01日)
香取慎吾と祐真朋樹のディレクションによるショップがオープン(8月01日)
ティッシ手掛ける新生バーバリー、新ロゴとモノグラムを発表(8月02日)
犬用ブーツと靴下の需要増加、猛暑の影響で(8月03日)
石原さとみがドラマで着用「セルフォード」が好調、3店舗を連続出店(8月06日)
"月経カップ"をコスメキッチンで展開、最小サイズを先行販売(8月07日)
"銀座の庭"銀座ソニーパーク期間限定開園、藤原ヒロシの新業態も(8月08日)
Kōki,が世界最年少でブルガリアンバサダーに抜擢(8月09日)
メルカリ上場後初の決算は47億円の経常赤字、黒字化時期は明言せず(8月09日)
ラグ&ボーン、CEOに元ナイキのステファニー・ストラック起用(8月09日)
エイドリアン・ジョフィCEOに聞くドーバー ストリート マーケットの根底にあるDNA(8月11日)
1956年創業、連日行列の「ゴローズ」が公式サイト開設(8月13日)
ビームスが「ジップロック」と異色コラボ、サコッシュなど発売(8月14日)
【インタビュー】初の日本人社長に聞く"フルラ流"売れるバッグの背景(8月14日)
サイズの合う靴を自動検索、ロコンド「ロコメジャー」を無料配布(08月14日)
キコ・コスタディノフが初のウィメンズ発表、双子の姉妹がデザイン(8月15日)
スヌーピーミュージアムが南町田に移転、2019年秋開館(8月16日)
「アンドエー」が復活、サザビーリーグがライセンス貸出(8月21日)
ワールドが9月28日に再上場へ(8月22日)
奥山由之や野口オロノも、フォーブスが「30 UNDER 30」を発表(8月22日)
東京ファッションウィーク2019年春夏の参加42ブランド発表(8月23日)
デサント、「マンシングウェア」の商標権を単独で取得へ(8月23日)
香取慎吾が語る、祐真朋樹と作る服屋「ヤンチェ オンテンバール」ができるまで(8月24日)
"シティボーイ"を作り上げたポパイのファッションディレクターが退任(8月24日)
東レ、原料価格の高騰により合繊を値上げへ(8月24日)

<9月>

エディ・スリマンが手掛けるセリーヌ、新ロゴを発表(09月03日 )
渋谷ストリームと渋谷ブリッジが初公開、新たな人の流れを創出(2018年09月05日)
ヴェルサーチ ジャパン、ブランド名と社名を「ヴェルサーチェ」に変更(09月06日)
バルミューダ、子ども向けデスクライト「Balmuda The Light」発売(9月06日)
ティッシの新生バーバリー、売れ残り商品の焼却処分を廃止(09月07日 )
服飾専門学校に聞いた、ファッションの「専門職大学」創設への考え(9月07日)
シチズン時計、大坂なおみ選手の試合着用モデル発売(9月10日)
伊勢丹新宿本店がリモデル、メンズ館と本館を2019年度中に刷新(9月11日)
オランピア・ル・タンが「マーク ジェイコブス」に加入(9月12日 )
「アップルウォッチ エルメス」からカラフルな新型モデルが登場(9月13日)
イオンと契約満了「ローラ アシュレイ」の販売権とライセンス権を伊藤忠が取得(09月14日 )
米国老舗百貨店「ヘンリ ベンデル」が全店閉店へ(9月15日)
ZOZO社長の前澤友作が世界初の一般月旅行者に 「BFR」搭乗者に選定(09月18日)
元アメアパCEOが手掛ける「ロサンゼルスアパレル」日本展開スタート(09月19日)
メルカリが性別欄に「無回答」を追加、性自認に関する多様性を尊重(9月20日)
三陽商会が約250人の希望退職者を募集 利益体質強化へ(09月21日)
おにぎりから1万円のカップ麺まで、カルティエの特別なコンビニ「カルチエ」が出現(9月21日)
早朝営業エリアが充実「日本橋高島屋S.C.」新館の内部公開(9月21日)
「チャールズ&キース」が再上陸、名古屋に旗艦店がオープン(09月21日)
マイケル・コースがヴェルサーチを約2400億円で買収(9月25日)
三越伊勢丹HD、赤字恒常化の3店舗を2020年3月までに営業終了(09月26日)
Kōki,が「シャネル」ビューティー日本初のアンバサダーに就任(9月27日)
カルヴェンが表参道の路面店を閉店(9月27日)
そごう神戸店と西武高槻店の屋号が「阪急」に変更 2019年10月から(09月27日)
星野リゾートが若者向けの新ホテル「BEB 軽井沢」開業、"ルーズ"な過ごし方提案(9月27日)
「ジョゼフ」新クリエイティブディレクターはジバンシィから(09月28日)
新生「セリーヌ」がショー開催、ZOZO前澤社長と剛力彩芽の姿も(09月29日)

<10月>

千葉雄大がファッション誌編集者に、ドラマ「プリティが多すぎる」放送(10月02日)
無印良品の世界旗艦店「無印良品 有楽町」が閉店、銀座に新規出店へ(10月03日)
Apple、新絵文字はヘアスタイルに様々なバリエーション(10月03日 )
ABC-MARTが銀座にハイエンド業態 新しいカジュアルを提案(10月04日)
元オアシスのリアム・ギャラガーが手掛ける「プリティーグリーン」青山店が閉店(10月05日)
"若者向けブランド"のイメージ脱却へ「ローリーズファーム」刷新の狙いとは(10月05日)
ツモリチサト初の展覧会が開幕、アーカイブや私物を一挙公開(10月06日)
奥山由之と平野紗季子が結婚、クリエイターらが協力した"ティーパーティー"が話題(10月08日)
柴咲コウが初のファッションブランド立ち上げ、アイテムを披露(10月11日 )
ユニクロ×アレキサンダー・ワン、10年ぶりのコラボコレクション今秋発売(10月11日)
「ジル・サンダー」新CEOに元バレンシアガのアクセル・ケラー氏が就任(10月11日)
【インタビュー】Google、ルメール、ZOZO...ユニクロ柳井社長がパリで語ったこと(10月12日)
中国企業ICICLE FASHION GROUPが「カルヴェン」を買収(10月13日)
「ワイ・プロジェクト」のグレン・マルタンがピッティ・ウオモのゲストデザイナーに決定(10月13日 )
「ベストジーニスト」菜々緒が殿堂入り、新部門ではファクトタム有働幸司が受賞(10月15日)
新商業施設「COREDO室町テラス」が来秋開業、誠品生活が日本上陸(10月15日)
神楽坂ラカグが「アコメヤ トウキョウ」に業態変更 2019年春から(10月15日)
鈴木えみ×落合陽一、異色の2人が語るファッションと東京と"光のタイムマシン"(10月17日)
ジャージ姿で焼きそば食べるモデルも「ネグレクト アダルト ペイシェンツ」が初のショー開催(10月17日)
「ポケモンをファッションに落とし込む」藤原ヒロシ×ポケモン日本初公開(10月20日)
「サルヴァトーレ フェラガモ」創業者の妻ワンダ・ミレッティ・フェラガモが死去(10月20日)
オーラリーが第二回「FASHION PRIZE OF TOKYO」を受賞、来年パリで発表へ(10月20日)
ファッションデザイナー芦田淳が死去、享年88歳(10月22日)
【インタビュー】女優から実業家へ、柴咲コウがファッションブランドで表現したもの(10月23日)
日本橋三越本店が30年ぶりに刷新、隈研吾が手掛けた空間デザイン公開(10月24日)
コーチがリアルファー使用廃止へ 2019年秋シーズンから(10月24日)
ユニクロ×アレキサンダー・ワンのヒートテックコレクション発売日が11月9日に決定(10月24日)
ジバンシィがメンズファッションウィーク再開 2019年秋冬から(10月25日)
千趣会が18年12月期通期予想を最大75億円の赤字に修正、社長交代へ(10月26日)
リシュモンが中国本格進出、アリババとパートナーシップ契約を締結(10月26日)
「あとは、じぶんで考えてよ。」宝島社が樹木希林さんを起用した新企業広告を制作(10月29日)
ザラ新作コレクションの世界観がSNSで話題、一部完売も(10月29日)
ゾゾスーツの計測なしで購入可能「ZOZO」全アイテムに適用へ(10月31日)
山本耀司がミュージシャンとして19年ぶりに単独ライブ(10月31日)

<11月>

マガジンハウス「ブルータス」がウェブサイト開設、過去5年分の記事を公開へ(11月01日)
「ヘッド・ポーター」が19年春夏シーズンで終了、来秋に新ブランド立ち上げへ(11月01日)
「MOSCHINO [tv] H&M」コラボ着用したAMIAYAらが都内でゲリラパレードを敢行(11月03日)
男性もメイクする時代に、メンズコスメの市場に注目(11月04日)
ZOZOが「ZOZOSHOES」の商標出願、オーダーシューズの開発は大詰めへ(11月05日)
「カルヴェン」クリエイティブディレクターが3シーズンを経て退任(11月05日)
エディ・スリマンによる"新生セリーヌ"初のアイテム発売、サイトも一新(11月06日)
プロスノーボーダー平野歩夢選手がユニクロのアンバサダーに、特別なウェア開発(11月07日)
2018年流行語大賞、#MeTooやグレイヘアなどがノミネート(11月07日)
コシノヒロコや香取慎吾らが東京五輪大会ボランティアのユニフォーム選考委員に(11月08日)
雑誌「ギンザ」編集長が交代へ、後任は「カーサ ブルータス」から(11月09日)
40代向け女性ファッション誌「グロー」販売部数で初の首位に(11月11日)
ユニクロ新アンバサダーの平野歩夢選手が会見に登場、ウェアを公開(11月13日)
トーガ古田泰子が「毎日ファッション大賞」を再び受賞、話題賞はゾゾスーツ(11月13日)
H&Mがショッピングバッグの紙製化と有料化を発表(11月13日)
ライザップが通期予想を最大70億円の赤字に修正、M&Aは凍結(11月14日)
イケアが23区内に初出店、原宿駅前に2020年春オープン(11月15日)
「国際ファッション専門職大学」が2019年4月に開学決定(11月15日)
吉田カバンが最もカジュアルな新業態「POTR」出店、"出荷前の物流倉庫"を体現(11月17日 )
「J.クルー」ジェームス・ブレット氏がCEO退任、就任から1年半弱(11月18日)
香川照之が昆虫モチーフのニットで登場 「インセクトコレクション」のアイテム披露(11月20日)
「ランバン」メンズコレクションを14年間手掛けたルカ・オッセンドライバーが退任(11月20日)
インスタがハッキング?ショーは中止?ドルチェ&ガッバーナ中国関連の動画を発端に騒動(11月21日)
エディ・スリマンによる「セリーヌ」パリメンズファッションウィークに初参加(11月21日 )
サザビーリーグがヘルスケア事業に参入、新会社「イエロー アリー」ミズと設立(11月21日)
原美術館が2020年末に閉館、築80年の建物の老朽化で(11月22日 )
セブン バイ セブンはなぜマーガレット ハウエル擁するアングローバル傘下になったのか?(11月22日)
三越伊勢丹HDが新宿のビル売却、約294億円の特別利益計上へ(11月27日)
花王が極薄膜を肌の表面に形成する「ファインファイバー技術」開発、新たなメイクを提案(11月27日)
記憶に残る赤、ヴァレンティノが東京で2019年プレフォールコレクション発表(11月28日)
メルカリで最も買われている&売られているブランドは「ユニクロ」 2018年ランキング発表(11月28日)
「ディオール」東京ショーに空山基の巨大ロボ、レーザービームの異空間で初のメンズプレフォールコレクション発表(11月30日 )
「ユニクロ」19年春夏は素材の機能性アップ、ルメールが手掛ける新作も(11月30日)
資生堂が「プレイリスト」を年内で販売終了、デビューから2年3ヶ月(11月30日)

<12月>

デルポソの新クリエイティブディレクターにルッツ・ヒュエルが就任(12月3日)
【インタビュー】バレンシアガのランウェイを経験ゼロで歩いた日本人、プラズマとは何者?(12月3日)
アットコスメの"1日限定のコスメ祭り"流通総額は4億円超、目標額を1億円上回る(12月4日)
バルマンがロゴ刷新、創業者とパリにオマージュを捧げたモノグラムのデザインに(12月6日)
2019年の色はサンゴのような「リビングコーラル」パントンが発表(12月6日)
マーク ジェイコブスが新ライン「THE MARC JACOBS」を来年5月に始動、双子を起用したルックを公開(12月6日)
ZOZOが機能性肌着「ZOZOHEAT」発売、1000以上のサイズ展開でユニクロヒートテックとの違いを発信(12月7日)
シャネルがエキゾチックレザーの使用廃止を発表(12月7日)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング