Image by: 良品計画

Fashion

「MUJI Labo」2019年春夏シーズンから全アパレル商品を男女兼用で展開

Image by: 良品計画

 良品計画が展開する商品ライン「MUJI Labo」が、2019年春夏シリーズの商品を1月16日に全国の無印良品と無印良品ネットストアで発売する。今シーズンからアパレル商品は全て男女兼用で展開する。

 「MUJI Labo」は、自由な発想から無印良品の新しいベーシックな衣服づくりに挑戦する商品ラインで、2005年にスタート。MUJI Laboの商品開発を通して学んだベーシックで実用的なデザインや、オーガニックコットンなどの環境や生産者に配慮した素材選びは「無印良品」の標準の衣服づくりにも反映している。

 今シーズンは、性別や年齢、体型に関係なく着用できるサイズ感とシンプルなデザイン、組み合わせが簡単な色や形などを追求し、カップルや夫婦、親子でもクローゼットを共有でき必要最小限のワードローブになることを目指した。また月ごとに、1月は「コート」、2月は「スウェット」、3月は「シャツ」、4月は「Tシャツ」、5月は「シャツ」、6月は「機能性素材」と服種のテーマを設定。6ヶ月でワードローブ全体が完成する形で訴求していく。主な展開商品は「撥水リバーシブルノーカラーコート」(1万7,900円、1月16日発売予定)、「綿裏毛ドロップショルダージップアップパーカー」(7,990円、2月発売予定)、「綿高密度スタンドカラーシャツ」(7,990円、3月発売予定)、「綿二重編みドロップショルダーTシャツ」(3,990円、4月発売予定)、「綿ブロードスタンドカラー半袖シャツ」(5,990円、5月発売予定)、「吸汗速乾縦横ストレッチクロップドパンツ」(5,990円、6月発売予定/いずれも税込)を予定している。

【関連】無印良品「MUJI Labo」が好調、若年層男性からの支持を獲得

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング