senken plus

ストライプインターナショナル、自社ブランドの協業でバレンタインチョコを販売

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 ストライプインターナショナルは、ソイフード「913」(ヌフアントロワ)と服飾雑貨「メゾン・ド・フルール」の二つの自社ブランドの協業でチョコレートを企画した。バレンタインギフト向けに豆乳を使った「ソイトリュフ」を販売する。

【関連記事】ストライプ「メゾン・ド・フルール」派生の服ブランド

 フランボワーズ味、抹茶味、柚子味、白桃味が入ったアソートタイプで1800円。岡山県産の大豆100%で作った豆乳を使って、低脂肪でヘルシーに仕上げた。パッケージにはメゾン・ド・フルールのブランドカラーのピンクを使い、箔(はく)プリントを施した。ショッパーも今回のための特別仕様だ。メゾン・ド・フルールでの食品の販売は初めて。

 15~21日、エチカ池袋のヌフアントロワの期間限定店で販売している。自社ECサイト「ストライプクラブ」のメゾン・ド・フルール内でも、15~21日に数量限定で先行予約を受け付けている。販売は第1弾が2月5日午後8時からと、第2弾が3月5日午後8時から。

パッケージは「メゾン・ド・フルール」らしいピンク色

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング