アート369フェスティバル
Image by: 美術出版社

Art

川島小鳥らが参加、アートで地域を盛り上げるイベント「アート369フェスティバル」が那須塩原市で初開催

アート369フェスティバル
アート369フェスティバル
Image by: 美術出版社

 栃木県那須塩原市が主催するアートイベント「アート369フェスティバル」が、JR黒磯駅周辺エリアで初開催される。会期は3月16日から24日まで。

 アート369フェスティバルは、黒磯駅前から板室温泉までの板室街道(県道369号)を「ART369」と名付け、アートで地域を盛り上げる那須塩原市のプロジェクト「ART369プロジェクト」の一環として実施。初開催となる今回は「その先の風景」をテーマに、川島小鳥や金氏徹平、中島佑太ら6人のアーティストによる作品展示、ワークショップなどが黒磯駅周辺のカフェやショップで行われる。アーティストのコーディネートや広報物の制作を含むイベントの企画・運営は雑誌「美術手帖」を発行する美術出版社が担当している。

■アート369フェスティバル
会期:2019年3月16日(土)〜3月24日(日)
会場:黒磯駅周辺店舗(KANEL BREAD、Iris bread & coffee、salon Chiune、トナリギャラリー[1988 CAFÉ SHOZO]、Dear, Folks & Flowersほか)
参加アーティスト:今井麗、金氏徹平、川島小鳥、後藤武浩、惣田紗希、中島佑太

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング