新クリエイティブディレクター ブルーノ・シアレッリ
Image by: Quentin Saunier

Fashion

「ランバン」新クリエイティブディレクターにロエベのメンズ手掛けたブルーノ・シアレッリを起用

新クリエイティブディレクター ブルーノ・シアレッリ
Image by: Quentin Saunier

 「ランバン(LANVIN)」が、メンズとウィメンズの新たなクリエイティブディレクターにブルーノ・シアレッリ(Bruno Sialelli)を任命した。

— ADの後に記事が続きます —

 ブルーノ・シアレッリは、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のウィメンズのプレコレクション デザイナーとしてニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)やアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)の下で経験を積んだ後、「アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)」や「パコ ラバンヌ(Paco Rabanne)」でウィメンズのシニアデザイナーとして活動。今回の就任前までは、「ロエベ(LOEWE)」のメンズウェア部門でデザイナー ディレクターとしてジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)のチームに参加していた。

 ランバンでは、14年間にわたりメンズウェアのデザインを手掛けてきたルカ・オッセンドライバー(Lucas Ossendrijver)氏ウィメンズのアーティスティックディレクターであったオリヴィエ・ラピドス(Olivier Lapidus)氏の後任としてコレクションを手掛ける。シアレッリ氏は就任に際し、「豊かな表現力を備え、グローバルな世界を展開することに尽力してきたランバンで仕事ができる事を大変嬉しく思う。伝統あるブランドを継続するなかで、感情に訴えかけるストーリーとモダンなデザインを発表していくことは刺激的なチャレンジになるでしょう」とコメントしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング