Fashion

伊勢丹が箱の包装紙デザインを変更、1997年以来22年ぶり

新デザイン「ラディアンス」
Image by: 三越伊勢丹ホールディングス

 伊勢丹が、箱の包装紙を新しいデザインに切り替えると発表した。デザインの変更は1997年以来22年ぶりで、2月20日から各店で使用を開始する。

 今回の変更は、三越伊勢丹グループが目指す「最高の顧客体験」の実現に向けた販売サービスの上質化のための取り組みの一環として実施。新デザイン名は「ラディアンス(radiance)」で、光が放射状に広がる「無限のひろがり」を表現した。伊勢丹のショッピングバッグとの相性を考慮し、バッグに使われているタータンチェックと同色の赤、黄、緑で構成された線を白地にプリント。伊勢丹の屋号はアルファベットで点在させている。リボンは赤単色の1種を用意し、同色で「ISETAN」の文字を織り込んでいる。デザインはパリにアトリエを構えるフィリップ・ワイズベッカー(Phillippe Weisbeker)が担当した。

 なお、これまでの包装紙デザインは伊勢丹のロゴがレタリングされたもので、赤と青の2色で展開していた。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング