アルノー・ヴァイヤンとセバスチャン・メイヤー
Image by: COPERNI

Fashion

元クレージュのデュオデザイナー、自身のブランド「COPERNI」を再始動

アルノー・ヴァイヤンとセバスチャン・メイヤー
Image by: COPERNI

 セバスチャン・メイヤー(Sebastien Meyer)とアルノー・ヴァイヤン(Arnaud Vaillant)が手掛ける「COPERNI」が、活動を再開することを発表した。2月にパリで行われるファッションウィークで新作の2019-20年秋冬コレクションを発表する。

— ADの後に記事が続きます —

 メイヤーとヴァイヤンは、2013年にブランドを設立。2014年にANDAMファッションアワードを受賞し、2015年のLVMHプライズではファイナリストに選出された後、同年5月に「クレージュ(courrèges)」ウィメンズウェアのアーティスティックディレクターに抜擢された。2017年秋に同職を退任し、在籍期間中に活動休止していたブランドを再始動するに至った。今後はコンサルティングやショールームを運営する「Tomorrow」が株式を保有し、製造から卸や小売まで全面的なサポートを受ける。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング