映画ヴィジュアル
Image by: 21世紀の女の子

Fashion

山戸結希や東佳苗ら参加のオムニバス映画「21世紀の女の子」とビームスがコラボ展を開催、劇中登場アイテムの販売も

映画ヴィジュアル
Image by: 21世紀の女の子

 山戸結希が企画・プロデュースを務めるオムニバス映画「21世紀の女の子」の公開を記念して、「トーキョー カルチャート by ビームス」とのコラボレーション展が「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」で開催される。期間は2月8日から24日まで。

 同作品は、山戸結希のほか、「縷縷夢兎(るるむう)」デザイナーの東佳苗や、映画監督や小説家として注目を集めるふくだももこなど12人の新進監督や、公募から選出された若手映画監督の松本花奈ら80年代後半から90年代生まれの映画監督14人が参加。全編に共通したある1つのテーマを、各々が8分以内の短編で表現して1本のオムニバス作品を作り上げる。主な出演者は橋本愛や朝倉あき、松井玲奈、唐田えりか、モトーラ世理奈など。ファッション誌「装苑」が全面的に衣装をプロデュースしており、ビームスのアップサイクルブランド「ビームス クチュール(BEAMS COUTURE)」は唐田の主演作品「離ればなれの花々へ」の衣装を制作した。

 同展では、ビームス クチュールによる「離ればなれの花々へ」の衣装を展示。また同作の劇中に登場するコサージュ(全3色/5,000円)とストール(全4色/2万2,000円)のほか、ビームス ジャパンによる映画公式グッズとしてフーディー(8,800円)、サコッシュ(3,500円)、キャップ(4,000円/全て税別)を販売する。このほか全作品それぞれのビジュアルの特大ポスターが一挙に展示される。

 映画は2月8日にテアトル新宿を皮切りに、ヒューマントラストシネマ渋谷やシネ・リーブル梅田など全国で順次上映される。

■「トーキョー カルチャート by ビームス」「21世紀の女の子」コラボレーション展
期間:2019年2月8日(金)〜2月24日(日)
営業時間:11:00〜20:00
場所:ビームス ジャパン 4階
住所:東京都新宿区新宿3-32-6
電話番号:03-5368-7300

■21世紀の女の子:公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング