ジャパン・ブランド・アンバサダーに就任した本田翼
Image by: マイケル・コース

Fashion

本田翼が「マイケル・コース」のジャパン・ブランド・アンバサダーに就任、限定アイテムの発売も

ジャパン・ブランド・アンバサダーに就任した本田翼
Image by: マイケル・コース

 女優やモデルとして活動する本田翼が、「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」のジャパン・ブランド・アンバサダーに就任した。

— ADの後に記事が続きます —

 今後は、本田を起用したキャンペーンを展開するほか、限定アイテムの発売を予定。また本田は、ニューヨークで開催されたフォール 2019 マイケル・コース コレクションのランウェイショーにもゲストとして出席した。

 今シーズンは「ドリーミング(Dreaming)」をテーマにコレクションを発表。会場となったチプリアーニ・ウォール・ストリートには、ヴィンテージ風のヘリテージフローリングにベルベットのカーテン、ディスコボールやシャンデリアが備わっており、そこにオールドスクールのボールルームを彷彿とさせる装飾が施された。ショーでは、ニューヨークのナイトクラブ「スタジオ54」とコラボレーションしたレディ・トゥ・ウェアとアクセサリーのカプセルコレクションを披露。フィナーレではバリー・マニロ(Barry Manilow)による代表曲「コパカ バーナ」のパフォーマンスとともに同ブランドの長年のミューズであるパティ・ハンセン(Patti Hansen)がランウェイを歩きショーを締めくくった。

 会場には、ケイト・ハドソン(Kate Hudson)や、オリビア・ワイルド(Olivia Wilde)、プリヤンカー・チョープラー(Priyanka Chopra)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine Zeta-Jones)といったセレブリティーが登場した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング