LIGHTNING BOLT BLACK LABEL
Image by: Lightning Bolt

Fashion

"稲妻マーク"がシンボル「ライトニングボルト」から新ライン登場

LIGHTNING BOLT BLACK LABEL
Image by: Lightning Bolt

 ハワイ発サーフブランド「ライトニングボルト(Lightning Bolt)」が、2019年春夏シーズンから新ライン「ライトニングボルト ブラックレーベル(LIGHTNING BOLT BLACK LABEL)」を始動する。今シーズンは「RHC Ron Herman」限定で展開。3月1日からロンハーマン千駄ヶ谷店、3月2日からRHC ロンハーマンみなとみらい店、豊洲店、川崎店、大阪店で販売される。

 1960年代、ハワイでレジェンドサーファー ジェリー・ロペスとその仲間たちがシンボルマークとしてサーフボードに"稲妻マーク"をつけていたことをきっかけに、1971年にサーフブランド「ライトニングボルト」が誕生。ロペスの活躍とともにブランドの人気も高まり、1978年公開のロペス主演のハリウッド映画「BIG WEDNESDAY」が大ヒットし、これを追い風に世界的なブランドに成長した。

 ブランドデビューから40年を経て登場する新ライン「ライトニングボルト ブラックレーベル」では、70〜80年代のサーファーやスケーターが持つ不良感や、挑発的で色気のあるユースカルチャーをベースに、現代の洗練されたデザインに落とし込んだワンランク上のライトニングボルトを表現するという。

■ライトニングボルト:公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング