ロジェ ヴィヴィエの展示会「DAYDREAM HOTEL VIVIER」
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

7つの部屋で夢を表現「ロジェ ヴィヴィエ」貴族の館で劇場型の新作発表

ロジェ ヴィヴィエの展示会「DAYDREAM HOTEL VIVIER」
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ロジェ ヴィヴィエ(Roger Vivier)」が、2019-20年秋冬コレクションをパリで発表した。「DAYDREAM HOTEL VIVIER」をテーマに、この日のためだけに作られた特別な空間でブランドの世界観を表現した。

 展示会はクリエイティブディレクター ゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)のデビューコレクションとなった前シーズンと同様に「HOTEL VIVIER」と題され、さらにスケールアップ。今回は、貴族の邸宅として使用されていた建物1棟を丸ごと使用した。コンセプトが異なる7つの部屋ではそれぞれ「夢の中」を表現しており、モデルが即興劇をしていたり、カトリーヌ・ドヌーヴに扮したモデルたちが映画館で「昼顔」を鑑賞している部屋など、劇場型の見せ方が特徴。天井までユニコーンのぬいぐるみで埋め尽くされた部屋では、メイド風のモデルがゲストをもてなし、山口百恵やキャンディーズの楽曲をBGMに日本の「Kawaii」カルチャーを表現。凝った装飾とユニークな仕掛けが、プレスやバイヤーなどのゲストを楽しませた。

 2019-20年秋冬コレクションは、メタルのラージスクエアバックルがレトロな「トレ ヴィヴィエ」やランニングスニーカー「ヴィヴ ラン」、ハート型のパンプス「アイ ラブ ヴィヴィエ 」などのアイコンシューズの新作のほか、ムッシュロジェ・ヴィヴィエが60年代に生み出したデザインを再解釈し、ヒールが内側に大きくカーブしたバイカラーのチャンキーヒール「クールベット」が新たなシグネチャーとして登場した。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング