Fashion

初の女性デザイナーが手がける「ラコステ」、テニスのエスプリと都会的なデザインをミックス

ショーのファーストルック
Image by: Yannis Vlamos

 「ラコステ(LACOSTE)」が、クリエーティブディレクターにルイーズ・トロッターを迎え初のランウェイショーを開催した。

 コレクションはパリのファッションウィーク最終日の3月5日、ブランドとゆかりのあるテニスクラブ・ド・パリで発表。グリーンのライトに包まれた中ショーがスタートし、ニュートラルカラーをはじめ、グリーン、ネイビー、レッドといったワントーンルックに、イエローなどアクセントカラーを差し込むスタイルから、後半は色やパターンをマルチにミックス。ストライプが入ったベストやニット、シグニチャーであるポロシャツはオーバーサイズなど新たな解釈でデザインに落とし込まれ、アイコニックなクロコダイルは糸がほつれたようなパッチワークとして左胸にあしらわれたり、ユニークな革小物として登場した。カラーと素材の切り替えに加え、テクニカルな素材を取り入れつつテニスブランドとしてのエスプリを効かせ、都会的でモダンなスポーツスタイルが提案された。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング