JSF HOUSE
Image by: ジャーナル スタンダード ファニチャー

Lifestyle

「ジャーナル スタンダード ファニチャー」初の一軒家をプロデュース、家具セットプランも

JSF HOUSE
Image by: ジャーナル スタンダード ファニチャー

 「ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)」のインテリアショップ「ジャーナル スタンダード ファニチャー(journal standard Furniture)」が、初の新築住宅「JSF HOUSE (=journal standard Furniture HOUSE)」をプロデュースした。3月14日から、全国の「ホーマ(HOMA)」取扱店で販売している。建物本体価格は税別1,800万円~。

 新築住宅の販売は、全国の工務店を対象にデザインや設計支援サービスを行う住宅プロジェクト「ホーマ」を展開するナックとベイクルーズグループのアクメ(ACME)が、昨年12月に業務提携契約を締結したことで実現した。JSF HOUSEでは、「リノベーションに興味がありヴィンテージも好きだが、住むなら新築住宅がいい」といったニーズに応えるため、古い家屋や建物が立ち並ぶアメリカ東海岸をイメージしたヴィンテージ調のデザインを採用。外観には古い街並みを彷彿とさせるレンガタイルが使われ、リビングにはニューヨークのブルックリンにある工場を思い描いた洋風の小屋組みを取り入れる。

 デザイン性に加え利便性を高めるため、オールステンレスのアイランド型キッチンや、ライフステージに合わせて用途を変えられるフリースペースを用意。またジャーナル スタンダード ファニチャーがファッションベースのインテリアブランドということもあり、クローゼットやシューズクローゼットなど収納の容量を増やした。延床面積は107.22平方メートル、床面積は1階が62.28平方メートル、2階が44.94平方メートルとなる。

 建物だけではなく、JSF HOUSEのリビングや寝室に合わせた計11点の家具付きのセットプランや、顧客の要望や間取りに合わせて、ジャーナル スタンダード ファニチャーのスタイリストが、無料で家具のオーダーコーディネートを行うサービスも展開する。また、購入の特典として「JSF HOUSE」をテーマに、神山隆二、オカタオカ、ダンキーサインズ(DAMKY SIGNS)、サニー サイド キャンプ(SUNNY SIDE CAMP)、ナイジェルグラフ(NAIJEL GRAPH)らが制作したアート作品から選んだ1点が、額装され贈呈。なお、モデルハウスは2019年夏頃、神奈川地区に完成予定だ。

■JSF HOUSE:公式ページ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング