Fashion Promotion

女性の心の変化を表現、パルコが若手クリエイターによる映像公開

Image by: パルコ

 パルコが3月14日の今日、「PARCO 2019SS キャンペーン」のショートムービー第1弾を特設サイトで公開した。監督・脚本を手掛けたのは、新進気鋭の映画監督 井樫彩。

 パルコは創業以来「インキュベーション」と「新しいものへのチャレンジ」を理念に掲げており、今回のキャンペーンの制作過程でもその企業姿勢を体現。ショートムービーでは、主演に女優の桜井ユキを起用し、ひとりの女性がある出会いをきっかけに新しい自分の一面に気づき、変化していく過程を表現した。全編約20分のショートムービーを今日以降、3月下旬、4月中旬の3回にわけて公開していく。

 また、パルコ各店の店頭では、ショートムービーと同テーマのもと制作したグラフィックポスターを展開。アートディレクターにはデザイン・イラストレーションの分野で活躍する脇田あすかを起用した。

 井樫彩は1996年生まれ、北海道出身。学生時代の卒業制作作品「溶ける」が第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に選出され、同映画祭に日本史上最年少で正式出品した経歴を持つ。脇田あすかは1993年生まれ、愛知県出身。東京藝術大学東京芸術大学デザイン科大学院を卒業後、コズフィッシュに所属。展覧会「スヌーピーミュージアム」や、雑誌「装苑」などのデザインに携わる。

PARCO 2019SS キャンペーンサイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング