青木明子デザインの織物を使ったチェア
Image by: 川島織物セルコン

Lifestyle

「フリッツ・ハンセン」がダブレットやアキコアオキら東京ブランドとコラボ、名作のエッグチェアを展示

青木明子デザインの織物を使ったチェア
Image by: 川島織物セルコン

 インテリア小物や呉服を展開している川島織物セルコンが、「ダブレット(doublet)」の井野将之や「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」の青木明子、「タロウホリウチ(TARO HORIUCHI)」の堀内太郎とそれぞれコラボレーションした織物を使ったチェアを「フリッツ・ハンセン(Fritz Hansen)」の青山本店で展示する。期間は3月28日から4月7日。

 川島織物セルコン1843年に創業した老舗。織物の新しいデザインや使用方法の可能性を拓くために今回のコラボを企画し、東京のファッション業界を牽引していく気鋭のデザイナーである3者を選んだという。コラボによる織物は、フリッツ・ハンセンの名作であるエッグ・チェアに張り込む。

 会場では、3者による生地を使ったエッグチェアのほか、それぞれのコレクションや新作のウェアおよびプロダクトなども展示。各ブランドの世界観を体現する空間に設計するという。

■織物屋の試み 展 ーファッションデザイナー編 ー
期間:3月28日(木)〜4月7日(日)
時間:12:00〜18:00
会場:フリッツ・ハンセン 青山本店
住所:東京都港区北青山3-10-11 地下1階、地上1階
公式サイト(3月中旬開設予定)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング