「iPad Air」(左)と「iPad mini」の新作
Image by: アップル

Technology

アップル「iPad Air」と「iPad mini」の新作発表、パフォーマンスが大幅に向上

「iPad Air」(左)と「iPad mini」の新作
Image by: アップル

 アップル(Apple)が日本時間3月18日に10.5インチの「iPad Air」と7.9インチの「iPad mini」を発表した。公式オンラインストアでは今日から注文を受け付けている。

 両商品ともにアップルが2017年に発表したニューラルエンジン(Neural Engine)を搭載したA12 Bionicチップを内蔵し、アップルペンシル(Apple Pencil)に対応している。iPad Airの新作は10.5インチと超薄型設計で、パフォーマンスが従来モデルよりも70%向上。また、Retinaディスプレイが約20%大きくなり、ピクセル数は50万以上増加する。7.9インチのiPad miniはiPad mini 4と比べ3倍高速で、9倍の高速グラフィックを実現。バッテリーは最大10時間持続する。

 価格はiPad Airが5万4,800円〜、iPad miniが4万5,800円〜(いずれも税別)。いずれもカラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色で、容量は64GBと256GBを展開する。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング