着用ヴィジュアル(左から)mio、tomoko、anna、Chii
着用ヴィジュアル(左から)mio、tomoko、anna、Chii
Image by: アクティブギアレディース

Fashion

ドン・キホーテが女性向けフィットネスウェアを開発、ヘルスケアアプリ「FiNC」アンバサダーとコラボ

着用ヴィジュアル(左から)mio、tomoko、anna、Chii Image by アクティブギアレディース
着用ヴィジュアル(左から)mio、tomoko、anna、Chii
Image by: アクティブギアレディース

 ドン・キホーテは、スマートフォン向けアプリ「フィンク(FiNC)」の女性アンバサーと共同企画したオリジナル商品を3月20日から全国の店舗で販売を開始した。

— ADの後に記事が続きます —

 スポーツウェアが日常生活に活用されている時代背景に着目し、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」から生まれたスポーツブランド「アクティブギア」を通じてウィメンズ商品を開発。フィンクの女性アンバサダーの声を取り入れながら、フィットネスウェアを中心に、速乾性や通気性が高いストレッチパーカや機能性レギンス、スポーツブラなど全18アイテムを展開している。

 着用ヴィジュアルには、サマー・スタイル・アワード(SUMMER STYLE AWARD)やニカジャパン(NICAJAPAN)、NPCJなどにビキニ選手として出場したミオ(mio)、anan総研や美的クラブで読者モデルやサロンモデルとして活動するトモコ(tomoko)ら4人を起用した。

 ドン・キホーテとフィンクは、ヘルス&ビューティーの視点に基づいた食品開発や生活雑貨の提案など幅広い商品開発を今後も進める。ユーザーのニーズに応えた製品化の取り組みと、等身大トレンドを追求した商品開発に努めていくという。

■ドン・キホーテ:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング