Fashion

京都を拠点に活動、和装のエッセンスを洋服に落とし込む「レインメーカー」が東コレ初参加

「レインメーカー」2019年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 デザイナー渡部宏一とクリエイティブディレクター岸隆太朗が手掛ける「レインメーカー(RAINMAKER)」が、東京のファッションウィーク最終日の3月23日に2019年秋冬コレクションをランウェイショー形式で発表した。

 レインメーカーは2013年秋冬シーズンにデビューし、2013年秋に京都室町六角に旗艦店を出店。シーズンテーマを設けずに、和装のエッセンスを取り入れたメンズを中心にウィメンズ、雑貨などを展開している。ファッションアワード「TOKYO FASHION AWARD 2019」を受賞し、今回初めてショー形式でコレクションを発表した。

 座席には京都で香作りを続ける創業300年の老舗 松栄堂による匂い袋が置かれ、来場者に配布された。ショーでは前身頃から後ろ身頃までを1枚のパターンで起こしたコートにグリーンのセットアップを組み合わせたスタイリングや、メンズサイズのウェアを着用したウィメンズモデル、パーカを組み合わせたスポーティーなスタイリングなど幅広いルックが登場。また、「KYOTO」のロゴや画家 木村英輝が描いた蝶の刺繍をあしらったジャケット、作務衣のようなシルエットのガウンなどが披露された。ブランドの購買層が20代前半から70代と幅広いことから、様々な年代や国籍のモデルを起用したという。

 デザイナーの渡部はショーについて「初めてのことで分からないことだらけだったが、とりあえず終わって安心している。ショーを行ったことで、レインメーカーを知らなかった人にも知ってもらえる機会が増えたのではないかと思う」とコメント。今後の発表形式については未定だという。 

・RAINMAKER:2019年秋冬コレクション全ルック
・ファッションウィークの最新情報:特設サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング