Fashion

リーボック「インスタポンプフューリー」1994年発売当時のオリジナルカラーが復刻、サンダルも登場

Image by: Reebok

 リーボックのカジュアルライン「リーボック クラシック(Reebok CLASSIC)」が、「インスタポンプフューリー(INSTAPUMP FURY)」の誕生25周年を記念して1994年発売当時のオリジナルカラーである「シトロン」と「サックス」を復刻し、4月5日に発売する。キッズモデルとオリジナルカラーをあしらったサンダルも同時期に展開される。

 インスタポンプフューリーは、フットウェアデザイナーのスティーブン・スミスをはじめとするメンバーが開発。フィッティングテクノロジーを応用しエアチェンバー(空気室)を一部に搭載したアッパーが特徴で、当時難しいとされていたソールを2つに分離させるスプリットソールの実現に成功した。鮮やかなイエローとレッドを用いたオリジナルカラーのシトロンは、スミスが当時夢中になっていたというアメリカのカスタムカー「ホットロッド」の炎のペイントから着想を得ている。その後、シトロンの生産に反対した当時のマーケティング部が開発したブルーのカラーリングのサックスをセカンドカラーとして発売。シトロンの売上に及ばず、スミスからは「ボーリング・ブルー(退屈な青)」と称されていたが、1990年代にスニーカーブームが起きた日本ではシトロンと同様に人気を集めた。

 今回は復刻モデル「インスタポンプフューリー OG(INSTAPUMP FURY OG)」(1万9,440円)に加えて、1994年発売モデルのシルエットを踏襲したキッズモデル「バーサ ポンプフューリー(VERSA PUMP FURY)」(5,929円)を同日に展開。これまではキッズモデルに1995年以降のインスタポンプフューリーのシルエットを踏襲した後期型のデザインを採用していたが、今回は前期型のデザインを取り入れた初のキッズモデルとなる。サンダルタイプ(1万7,280円/いずれも税込)は4月12日に発売される。

 今回のメインビジュアルには、当時スミスが他部署のメンバーに対する思いを表した「YOU DON'T GET IT DO YOU?(お前たちは何もわかってないね)」のメッセージをデザイン。このほか、これまで語られることが少なかった開発を巡る衝突ストーリーが盛り込まれたスペシャル動画が制作された。

次のページは>>各アイテムの取り扱い店舗一覧

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング