Fashion

三浦春馬が「ポール・スミス」のブランド初のアンバサダーに就任

Update:

【2019年9月27日続報】三浦春馬が出演するキャンペーンフィルムを公式サイトで公開。映画監督のリドリー・スコット(Jordan Scott)が率いる制作会社リドリー・スコット・アソシエイツ(RSA Film)に所属するジョーダン・スコットを監督に迎え、ポール・スミスの本拠地であるロンドンで撮影した。

三浦春馬
Image by: ポール・スミス

 「ポール・スミス(Paul Smith)」の日本におけるメンズ ブランドアンバサダーに、俳優の三浦春馬が6月1日付で就任する。同ブランドがアンバサダーを起用するのは初めて。

— ADの後に記事が続きます —

 三浦春馬は1990年生まれで、俳優として映画やドラマ、舞台で活動している。2008年に映画「恋空」で第31回日本アカデミー賞新人賞を受賞。近年はトニー賞で6部門を受賞したブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の日本人キャスト版に参加し、ドラァグクイーン役を演じ話題を集めた。三浦のジャンルを問わず国内外の様々な作品に積極的に取り組む姿勢が、「自らのスタイルを切り拓く」という同ブランドの姿勢と重なったとして、今回のアンバサダー起用に至ったという。

 デザイナーのポール・スミス(Paul Smith)は三浦について、「舞台やミュージカルでも活躍していると聞き納得したのですが、表現者としてとても魅力的な人物だと思いました。アンバサダーとしてブランドの持つ多面性や本物の英国ファッションの醍醐味をともに伝えてもらえることを嬉しく思っています」とコメントした。三浦は就任について「紳士的でユーモアのある大人の男性を目指すよいきっかけを頂けたことに感謝しています。僕にとって身近であり憧れでもあるポール・スミスの魅力を、これから皆さんにしっかりと伝えていきたいと思います」と意気込みを語った。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング