©創通・サンライズ
「機動戦士ガンダム」放送開始40周年記念モデル
Image by: ©創通・サンライズ

Fashion

「機動戦士ガンダム」40周年記念限定モデルをセイコーが発売、ガンダムモチーフは世界限定300本

©創通・サンライズ「機動戦士ガンダム」放送開始40周年記念モデル
「機動戦士ガンダム」放送開始40周年記念モデル
Image by: ©創通・サンライズ

 セイコーウオッチがテレビアニメーション「機動戦士ガンダム」の放送開始40周年を記念し、「プロスペックス(Prospex)」からコラボレーションモデル全3種を4月12日から順次発売する。シャア専用ザク限定モデル(40万円)と量産型ザク限定モデル(40万円)はそれぞれ世界限定1,000本、ガンダム限定モデル(63万円/いずれも税別)は世界限定300本を用意する。

— ADの後に記事が続きます —

 機動戦士ガンダムは、1979年から1980年にかけて放送されたテレビアニメで、主人公のアムロ・レイが属する地球連邦軍と宿敵シャア・アズナブルを擁するジオン公国の「一年戦争」を描いた作品。今回発売する商品では、地球連邦軍からガンダムを、ジオン公国からシャア専用ザクと量産型ザクをデザインモチーフに採用した。

 4月12日から販売されるシャア専用ザクと量産型ザクの限定モデルは、ダイバーズウォッチのアイコニックピース「マリーンマスター プロフェッショナル」をベースに、秒針の柄でジオン系モビルスーツのトレードマークでもあるモノアイ(センサー)を表現。そのほか、動力パイプを想起させる構造のダイヤルリングやモビルスーツの型式番号が刻印されたプロテクターなどで、モビルスーツの特徴を取り入れた。強化シリコンストラップはそれぞれのモビルスーツを想起させるカラーリングで、商品が封入される専用ケースにはジオン軍のシンボルマークがプリントされる。

 8月9日に発売されるガンダム限定モデルは、シャープで先進的なガンダムの機体を再現するため、ラテン語で光を意味する「Lux」の名を冠したプロスペックスのハイエンドシリーズ「ルクス(LX)」をベースモデルに採用。ガンダムのトリコロールカラーを時計全体にあしらい、回転ベゼルの12時位置には頭部センサー部分を模したマーキングを施した。地球連邦軍のシンボルマークが印刷される専用ボックスには、ケースサイドにガンダムの型式番号「RX-78-2」を刻印。裏ぶたと竜頭には地球連邦軍のマークをデザインした。このほかガンダム限定モデルのみの特別仕様として、クロコダイルストラップが付属。状況に応じて装備を使い分けるガンダムと同様に、使用シーンに合わせて付け替えることができる。

>>商品仕様の詳細はこちら

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング