Image by: DIOR

Fashion

「ディオール」モロッコ・マラケシュでクルーズコレクションのショーを開催

Image by: DIOR

 「ディオール(DIOR)」が、2020年クルーズコレクションのショーをモロッコのマラケシュで開催した。

— ADの後に記事が続きます —

 マラケシュは、地中海やヨーロッパ、アフリカなど様々な文化が出会う場所として、詩人や作家をはじめ、永遠の冒険家たちを魅了してきた地。アーティスティックディレクターのマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)は、アフリカ文化と創造性あふれる交流を結ぶことに関心を寄せ、またメゾンの記憶を辿る旅として、クリスチャン・ディオールの最初の後継者であったイヴ・サンローランにゆかりのあるマラケシュを選んだ。

 ショーはマラケシュ独特のエキゾチックな雰囲気が漂う宮殿で発表。コレクションテーマは、相互理解の基盤となる「コモン・グラウンド」という思想で、共通の土台を持つことで、あらゆる違いを乗り越える、というフェミニストの哲学者ナオミ・ザックの考えにインスピレーションを得ている。

 コレクションを象徴するのはアジア・西洋との文化・産業融合から生み出されたアフリカ独自の布地アフリカン ワックス。グラツィア・キウリは、メゾンのコードを生地に織り込み再解釈したスペシャル エディションをデザインし、ディオールのアイコニックなテキスタイル「トワル ドゥ ジュイ」をアフリカン ワックスでも表現した。そのほか、サンローランの後を継いだデザイナー マルク・ボアンの「ジャングル」シルエットのイメージや、アフリカライオンをプリントスカーフのモチーフにするなど、サバンナの動物にフィーチャー。生糸、シルクガーゼ、シャンタンといった素材が、サンドカラー、インディゴブルー、レッドオークルに彩られ、コートをはじめ、スーツ、プリーツスカート、パンツを飾った。

「ディオール(DIOR)」2020年クルーズコレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング