「CITY」劇中(撮影;井上由紀)

Fashion

「アンリアレイジ」が藤田貴大による新作舞台の衣装を制作、主演は柳楽優弥

「CITY」劇中(撮影;井上由紀)

 「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が、柳楽優弥主演の舞台「CITY」の衣装を担当した。5月26日まで彩の国さいたま芸術劇場 大ホールで上演した後、兵庫県や愛知県に巡回する。

 CITYは演劇団体「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大が手掛ける新作。現代の都市を舞台に、柳楽は善悪の狭間を生きる闇のヒーローを演じる。このほか、ヴィラン(敵)を井之脇海、主人公を支える協力者を宮沢氷魚が務める。

 アンリアレイジは「A LIGHT UN LIGHTー影の光と光の影」をコンセプトに衣装を制作。
これまで同ブランドが追求してきた光と影に関する服の技術をアップデートし、人物と都市における光と闇の関係を衣装で表現したという。通常は白く見える服が、暗闇で緑や青、赤の光を帯びているように見える仕組みとなっている。光と陰、日常と非日常といった対極の現象を共存させた衣装によって、同作品における善と悪の相克を表した。

■CITY
埼玉公演
期間:2019年5月18日(土)〜5月26日(日)
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
住所:埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1

兵庫公演
期間:5月29日(水)
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
住所:兵庫県西宮市高松町2-22

愛知公演
期間:6月1日(土)〜6月2日(日)
会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
住所:愛知県豊橋市西小田原町123

公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング