ほぼ日方眼ノート
Image by: ほぼ日

Lifestyle

ほぼ日から新アイテム「ほぼ日方眼ノート」が登場、A6とA5の2サイズを展開

ほぼ日方眼ノート
Image by: ほぼ日

 ほぼ日が手掛ける「ほぼ日手帳」は、新アイテム「ほぼ日方眼ノート」を5月31日に発売する。公式オンラインストアや「とびち(TOBICHI)」の東京と京都の店舗、全国のロフト(LOFT)などで取り扱う。

— ADの後に記事が続きます —

 ほぼ日方眼ノートはほぼ日手帳と同様に180度開き、紙は薄くて軽くインク乗りが良い「トモエリバー」を使用。サイズはA6サイズ(240ページ、972円)とA5サイズ(288ページ、1,296円)を用意し、それぞれのページ数は一般的な大学ノート(60ページ)の約4倍にあたる。中身の仕様は「オリジナル」や「カズン」の巻末メモと同じ3.7mm方眼のため、ほぼ日手帳のメモページがそのまま増えたような感覚で使用できるという。A6サイズは60ページ、A5サイズは72ページごとに方眼の色を赤・青・緑・紫の順に変えていることから、テーマごとに書き分けをすることもできる。

 また半年で1冊を使い切るタイプの「ほぼ日手帳 2019 アヴェク(avec)」も同日発売。今年7月始まりで、価格はA6サイズが1,188円、A5サイズが2,095円(すべて税込)。

■ほぼ日方眼ノート
特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング