Fashion

廃棄予定の野菜を再利用するブランド「フードテキスタイル」とコンバースがコラボ、散った桜の花びらで染めたスニーカーが登場

Image by: フードテキスタイル

 廃棄予定の野菜や食材を染料として再活用するプロジェクトブランド「フードテキスタイル(FOOD TEXTILE)」が、「コンバース(CONVERSE)」とコラボレーションしたスニーカーを発売する。コンバースが2019年秋冬コレクションから販売する環境配慮の環境配慮のシリーズ「コンバース イーシーラボ(converse e.c.lab)」の第1弾モデルとして展開。フードテキスタイルの公式オンラインストアなどで8月から取り扱う。

 フードテキスタイルは繊維専門商社の豊島によるプロジェクトで、これまで15社以上の国内の食品関連企業、農業、農園、と連携し、業界を繋ぐサステナブルなシステムを構築してきた。

 コラボでは、ソールにリサイクルラバーを採用。ドリップコーヒーの出涸らしを再利用したブラウン系のカラー、オーガニックブランド「生活の木」で販売しているハーブティー「マロウブルー」の規格外品の残渣を使った淡い水色、散った桜の花びらを活用した桜色の3色を展開する。価格は税別9,000円。

■フードテキスタイル:公式サイト

■コンバースインフォメーションセンター:0120-819-217

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング