事業譲受したパティズの公式サイトより

Lifestyle

人気雑貨「スイマー」復活へ、白鳳がパティズに事業譲渡

事業譲受したパティズの公式サイトより

 2018年1月末にブランド展開を終了した雑貨ブランド「スイマー(SWIMMER)」が復活する。バラエティー&ファンシーショップを運営するパティズが白鳳から事業譲受したと発表。オンラインショップでは現在、再開に向けて準備が進められている。

 スイマーは「ノスタルジックキューティ」をコンセプトに、白鳳が自社企画のオリジナル雑貨ブランドとして1987年に立ち上げた。当初はレトロなデザインを中心としていたが、パステルカラーやユニコーンといった"夢かわいい"アイテムも展開し、価格の手頃さやデザイン性が人気を集めた。ブランド終了の理由には仕入れ単価の高騰が背景にあり、2018年1月末までに全店舗を閉店した。

 パティズは、これまで100店舗以上の雑貨店を展開しながら培ってきた商品知識や経験を活かし、スイマーブランドの商品企画・販売を担う。今後の事業展開については随時、公式サイトで告知するという。

■スイマー:公式オンラインショップ(準備中)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング