Image by: MCM

Fashion

「MCM」サステナビリティがテーマのエキシビジョンを開催、バッグや使わなくなった素材を再利用

Image by: MCM

 ドイツのラグジュアリーライフスタイルブランド「エムシーエム(MCM)」が、「MCM 銀座 Haus 1」でファッションエキシビション「Circulation & Contact」 を開催する。6月12日から。

— ADの後に記事が続きます —

 「MCM 銀座 Haus 1」は、銀座の中央通り沿いに4月にグランドオープンした世界で3店舗目となるグローバル旗艦店。9階建ての店舗はブランド最大規模で、3階までの販売スペースのほか、4〜6階は顧客向けのカフェスペースやギャラリー、ショールームなどが併設され、エキシビションは6階の展示スペースで開催される。

 「Circulation & Contact」は、韓国ファッションデザイン協会(KSFD)とコラボレーションし、サステナブルな概念"Circulation(巡る、循環)"をテーマに、アーティストたちが"Contact(手を加える、触れる)"する事で、新たな価値を持ったファッションピースを生み出すという試み。 ピースには店舗で実際に販売されていた過去のシーズンのバッグや使われなくなった素材などが再利用されており、新しいファッションアイテムとしてアップサイクルされた作品の数々が展示される。9月までの会期中には、日本のファッション学校の生徒とのコラボレーションなども予定するという。

■ ファッションエキシビション「Circulation & Contact」
場所: MCM 銀座 Haus1 6F
住所:中央区 銀座 3-5-4
時間: 11時~20時
会期: 2019年6月12日(水)~ 9月(予定)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング