2050年のファンシーショップ・menmeiz.com

Fashion

"2050年のファンシーショップ"がビームス ジャパンにオープン、イラストレーターRedfishらの作品を販売

2050年のファンシーショップ・menmeiz.com

 "越境カワイイカルチャー"を発信するプロジェクト「メンメイズ(menmeiz)」が6月14日、初のポップアップショップ「2050年のファンシーショップ・menmeiz.com」をビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)に出店した。展開期間は6月23日まで。

 ポップアップでは「2050年のファンシーショップ」をコンセプトに、"ネオファンシー"な世界観を持ち、日本のアニメやファッション、韓国のポップカルチャーに影響を受けた10組のクリエイターによるZINEやステッカー、アート作品などを販売。国内外の1980年代サブカルチャーからインスピレーションを得た作品を手掛ける韓国在住のtree13をはじめ、E-girlsのグッズ製作やファッションビルのヴィジュアル制作など幅広く活動するイラストレーターのRedfishらが参加している。

■2050年のファンシーショップ・menmeiz.com

場所:BEAMS JAPAN4階 トーキョー カルチャート by ビームス内 出展スペース
住所:東京都新宿区新宿3丁目32-6
期間:2019年6月14日(金)〜6月23日(日)
時間:11:00〜20:00(会期中)
販売物:ZINE、ステッカー、アート作品など
参加クリエイター:Shiho so、Jenny Kaori、moe_magmag、nsn、山本真未、web88punk、Redfish(Isomoto Akari)、NABEchan、Genie、tree13

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング