Image by: SURYA

Fashion

スタイリスト佐々木敬子のジュエリーブランド「スーリヤ」が本格デビュー、太陽神の目をイメージしたネックレスなどを発売

Image by: SURYA

 スタイリスト佐々木敬子がディレクションするジュエリーブランド「スーリヤ(SURYA)」が本格デビューした。公式オンラインストアでファーストコレクションの一部商品の販売を開始した。

— ADの後に記事が続きます —

 ブランド名に採用したスーリヤは、3つの目を持ち万物を見守る存在としてインド神話に登場する太陽神。7頭の馬が引く黄金の馬車に乗り天空を駆ける様は、虹の7色や7つのチャクラを表現していると言われている。同ブランドでは、エメラルドやルビー、ブルーサファイヤ、ラピスラズリ、マラカイトといった宝石を使用。パーツには10金や18金を採用し、地中の奥深くに眠る生命の輝きやエネルギーに着想したコレクションを展開する。昨年12月の先行販売では即完売し、再販するなど人気を集めた。

 ファーストコレクションでは、スーリヤの目をイメージしたネックレス(13万6,000円〜)やローズカットのジェムストーンを使ったフラワーモチーフのリング(16万5,000円〜33万円)、ドロップが揺れるイヤリング(6万円〜)などをラインナップしている。コレクション全体の価格帯は5万4,000円〜50万円(すべて税別)。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング